地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2015年02月19日

江原(よわら)

江原(よわら)
船鉄バス、美祢市のコミュニティバス、アンモナイト号。
この撮り方だと、バスはヘアピンを曲がって下に行くようにも見えますが、
実際は、ここはY字路になってまして、私が立っている左側を抜けて、


江原(よわら)
嘉万方面へと山を下っていきます。


江原(よわら)
バス停付近もそこそこ家があったのですが、
東側の斜面に大きな集落があって驚きました。


江原(よわら)
「江原」。タクシーの運転手さんによると、よわら、と読むそうです。


江原(よわら)
朝夕だけの、典型的な僻地ダイヤ。
夕方の帰り便が存在するだけマシなのですが、
嘉万天神まで行っても最終の秋芳洞~下関には間に合わないため、
ここから美祢駅までタクシーに乗りました。

サンデンの一日乗車券、1000円でめっちゃお得なため、
気分が高揚してしまい、結果的にはけっこう散財しています。
ある意味、山口県の目論見にキレイに乗ったということです。
ということで、ぜひ防長やブルーラインも乗れる、日本人向けチケットを(笑)。





同じカテゴリー(その他)の記事画像
はかた号冬の東京行
福山広島徳山
門田
児島駅前
与島第二駐車場
浦城
同じカテゴリー(その他)の記事
 はかた号冬の東京行 (2020-11-26 07:07)
 福山広島徳山 (2020-09-16 07:07)
 門田 (2020-09-14 07:07)
 児島駅前 (2020-09-13 07:07)
 与島第二駐車場 (2020-09-12 07:07)
 浦城 (2020-09-11 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。