地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2015年05月07日

高浜海水浴場

高浜海水浴場
高いところから見ると、保戸島もよく見えます。


高浜海水浴場
きれいな砂浜、「高浜海水浴場」。


高浜海水浴場
大浜入口で分断されている現在のバス路線ですが、
四浦側まで繋がっていた頃は、ここをバスが走ってたようです。


高浜海水浴場
地理的には、大浜から峠を越えたら、落の浦に抜けたほうがよさそうだがなぁ、
と思いつつ歩いていたら、ここがバス停だったんだろうか、というベンチがありました。





同じカテゴリー(大分バス)の記事画像
道の駅すごう(菅生)
竹田営業所
中高
刈小野
稲葉
白丹(しらに)
同じカテゴリー(大分バス)の記事
 道の駅すごう(菅生) (2020-09-04 07:07)
 竹田営業所 (2020-07-26 07:07)
 中高 (2020-07-25 07:07)
 刈小野 (2020-07-24 07:07)
 稲葉 (2020-07-23 07:07)
 白丹(しらに) (2020-07-22 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)大分バス
この記事へのコメント
大変ごぶさたしております。間元に行かれたのですね、そして高浜から大浜入口まで徒歩の行程ということですからたいしたものです。私も間元は次回に行くつもりです、ただ私の場合月曜のみ運行の津久見市コミュニティーバスに合わせて組み立てる予定です、まあいつになるでしょうか。
さて、今月末に九州行き第一段を決行します。GW中もその行程ばかり考えておりました。初日は移動日でグリーンパスを使い福岡市内を乗り回し管理人さんお勧め?の西新商店街にも行ってみたいです。二日目から本題のSUNQパスで泊ヶ内から佐賀関、高森町民バス、長崎から西彼杵半島を回って帰京します。
話しは変わりますが箱根が水蒸気爆発の危険性があるとして一部立ち入り禁止ロープウェイも運休という大変なことになってます。つい二週間前箱根に行った私はいつも乗る登山電車に代えて湯本からバスに乗りましたが塔の沢から宮の下にかけてはヘアピンカーブの連続、しかも上り勾配を40~50kmで飛ばす運転手さんのハンドルさばきが見事でオタ席に陣取った私は涙が出るほど感激でした。もっとも感激しているのは私だけで大きなキャリーバックを持った外人客は動く荷物を押えるのに必死、そして日本人の若い男性は気持ち悪さで嘔吐(幸い手持ちのコンビニ袋に出したようで次のバス停であわてて降り彼女に介抱されるやや恥ずかしい光景でしたが)。東京から間近にこんなすばらしいところがあるのです、まさに灯台もと暗しです(と思うのは本当に少数派でしょうが)。もし管理人さんが箱根まだでしたらぜひお乗り下さい。
Posted by せいやま at 2015年05月07日 21:24
こんにちは。箱根は警戒レベル2で大騒ぎですね。
阿蘇は常時2ですし、桜島は3らしいですので、
より危険を求める方は(笑)、ぜひ九州にお越しください。

箱根湯本から強羅駅までは、登山電車もバスも乗ったことあります。
ここが箱根駅伝で走るとこか、という感慨で見てましたが、
そこまで驚いた記憶がありません。すいません。
どちらかというと、登山電車のスイッチバックの連続の方が、
のんびりした世界だなぁ、と印象に残っています。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年05月08日 13:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。