地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2015年05月12日

何度でも大手前

何度でも大手前
葛港行き。


何度でも大手前
床木久保行き。


何度でも大手前
小浦経由宮の浦。米水津方面がこれ1系統になってしまったのが残念です。


何度でも大手前
梶寄行き。


何度でも大手前
消費税8%に対応。


何度でも大手前
隠されている部分も多少。


何度でも大手前
さざんか号という愛称は、まだ生きてるんですかね。
トイレ付デラックスバスと書いてありますが、貸切転用の車両以外に、
ノンステもけっこう入ってるようです。今回の訪問では、行きも帰りもノンステ。


何度でも大手前
各行先ごとに、今も乗り場を分ける必要があるのでしょうか。


何度でも大手前
改札が行われていた名残と思われる、この窪み。


何度でも大手前
先ほどのは、道路側から入ればいいとして、これはどうするんですかね。
上から乗り越えて中に入りますか(笑)。以上、「大手前」でした。





同じカテゴリー(大分バス)の記事画像
漢の浦
醤油給油
下浦
臼杵駅前
下(しも)
原(臼杵)
同じカテゴリー(大分バス)の記事
 漢の浦 (2022-01-02 12:05)
 醤油給油 (2022-01-01 00:01)
 下浦 (2021-12-19 07:07)
 臼杵駅前 (2021-12-16 19:19)
 下(しも) (2021-12-04 15:15)
 原(臼杵) (2021-11-20 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)大分バス
この記事へのコメント
大手前のこの昔ながらの風景いいですよね。
運賃表の、小野市の下は木浦、大浜の下は落の浦、波当津の下は

今はなき末期は平日に1往復のみだった岸河内線。梶寄の下は
まだ佐伯発が平日に1本だけとはいえ、現存する下梶寄。
下梶寄の下にあった坂の浦線と一緒に消されたかなぁ


佐伯市では、大手前再開発計画があるようで、
この光景もそう長くはみれないかもしれませんね。
Posted by 別府在住 at 2015年05月12日 19:35
大手前の風景は、なんともいえない味がありますね。
やはり再開発計画はあるのですか。
私みたいなモノ好きは別として、
普段利用する高校生なんかにしてみたら、
小ぎれいな施設の方が集いやすいでしょうから。

旧矢部浜町のバスセンターが壊された時に、
非常に惜しいと思ったのですが、
新しい施設ができてみて、
そりゃあ地元の人にしてみれば、このほうがいいよね、
と強く思った次第です。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年05月13日 22:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。