地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年07月09日

第二二島

第二二島
第一二島からバスは三方向へ。


第二二島
なかなか、こっちに直進してきません。


第二二島
直進側。


第二二島
「第二二島」。
ほかのバス停が、第一○○、第二○○だという原則論があったとしても、
読みにくいからここだけは二島第一、第二にしよう的な議論はなかったんですかね。


第二二島
路線図は、なんかいろいろと描いてありますが、


第二二島
ここに来る本数の半分くらいは、隣の二島郵便局止め。


第二二島
平日3本だけある竹並方面行きのうち、最後の1本以外は、
循環して第二二島まで戻ってきます。




同じカテゴリー(北九州市営)の記事画像
高塔山若松あじさい祭り臨時
折尾駅の変化
響町エコタウン
芦屋急行鶴松団地関連
菜園場
宿場通り
同じカテゴリー(北九州市営)の記事
 高塔山若松あじさい祭り臨時 (2019-06-27 07:07)
 折尾駅の変化 (2018-03-01 18:26)
 響町エコタウン (2017-03-25 16:16)
 芦屋急行鶴松団地関連 (2017-03-23 20:30)
 菜園場 (2017-03-19 16:16)
 折尾完乗間際 (2016-04-01 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。