地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年10月06日

早津江世界遺産三重津海軍所跡

早津江世界遺産三重津海軍所跡
終点に到着して待機。


早津江世界遺産三重津海軍所跡
セブンイレブン、平野、真っすぐな道。


早津江世界遺産三重津海軍所跡
早津江」。途中の久々原から中間(なかはざま)あたりは旧道の隘路が残り、
定期的に来たくなる終点です。


早津江世界遺産三重津海軍所跡
市営バスの路線も、存続しているのですが、


早津江世界遺産三重津海軍所跡
残念ながら、


早津江世界遺産三重津海軍所跡
以前に比べて、接続は格段に悪くなりました。
市営バスが毎時1本なのに、西鉄は均等ダイヤでもなく、
柳川での特急との接続を一番重視しなければならないため。
佐賀側との乗り換えは犠牲になったようです。


早津江世界遺産三重津海軍所跡
その代わり、というわけでもないですが、諸富から犬井道広江経由で、
好生館までの路線ができています。イメージ、福岡の「外環1」みたいな感じで、
諸富が大橋駅、好生館が福大病院だと思っていただければ。


早津江世界遺産三重津海軍所跡
そして、近くの三重津海軍所跡が世界遺産になったため、
バス停にも道順が掲示されるようになりました。
運転士さんによると、たまにバスで訪れる人もいるようで、
私もそういう観光客の類だと思われて、バス停からちっとも離れる気配がないので、
不思議に思われていたらしいです(笑)。

福岡から来る場合は、柳川までの西鉄電車とバスが両方乗れるので、
「FUKUOKA 1DAY PASS」がお勧めですな。
福岡天神=西鉄柳川=早津江の往復だけで元がとれます。


早津江世界遺産三重津海軍所跡
ここまで自転車で来て、そこから通勤か通学か、パーク&ライド。


早津江世界遺産三重津海軍所跡
私はただ、ここにバス停が2本、ずっと並んでいてほしいと思いつつ、
折り返し便で帰るのでした。

といっても、素直に西鉄柳川まで戻るのは楽しくないので、
大野島農協から大川の方へ乗り換えるのですが。




同じカテゴリー(久留米)の記事画像
高速八女インターチェンジ
お開き
味坂撮影ポイント
ローソン常持店復刻色
浮羽発着所(ローソン裏)
コミュニティセンター前2018
同じカテゴリー(久留米)の記事
 高速八女インターチェンジ (2019-06-26 07:07)
 お開き (2019-06-25 07:07)
 味坂撮影ポイント (2019-06-24 07:07)
 ローソン常持店復刻色 (2019-06-23 07:07)
 浮羽発着所(ローソン裏) (2019-06-18 07:07)
 コミュニティセンター前2018 (2019-06-17 07:07)

Posted by ちょんびん at 20:22│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。