地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年10月13日

分田(ぶんだ)

分田(ぶんだ)
この橋を渡るバスも撮りたいかなぁ、と考えつつ、バス停が橋の袂に。


分田(ぶんだ)
「分田」。杷木浮羽と、神杉野からコミュ二ティセンターまで。
コミュニティセンターの「に」を漢数字で書いてみても、まったく違和感なし。


分田(ぶんだ)
平日6.5往復、朝いちに回送便あり。
土日祝は5往復ですが、朝の杷木行き、夕方のコミュニティセンター行き、
どちらも回送とセットです。


分田(ぶんだ)
彼岸花が咲き誇る脇を、バスはけっこうなスピードで。
すっかり観光地となった棚田までの道は狭いので、
みんなダムあたりの大きな駐車場で車から降ろして、
このバスを使って見に来い、ってなシステムにできれば、
もうちょい地元が潤うんでしょうけどね。


分田(ぶんだ)

車に乗ってきて、ただバスを撮って、一円も使わずに帰る私も、似たようなもんです。
罪滅ぼしとして、浮羽の棚田の風景は素晴らしいのだ、といく告知をして、
人を誘導してみるのですが、その人たちもまた消費活動をすることなく、
ただ風景だけ眺めて帰れば、本当に何の貢献にもならないスパイラルです。




同じカテゴリー(久留米)の記事画像
扇島
吉井中町
高速八女インターチェンジ
お開き
味坂撮影ポイント
ローソン常持店復刻色
同じカテゴリー(久留米)の記事
 扇島 (2019-09-11 07:07)
 吉井中町 (2019-09-06 07:07)
 高速八女インターチェンジ (2019-06-26 07:07)
 お開き (2019-06-25 07:07)
 味坂撮影ポイント (2019-06-24 07:07)
 ローソン常持店復刻色 (2019-06-23 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。