地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年11月11日

谷尾崎の先

谷尾崎の先
きのう最後の平木橋をようやく載せたのですが、
どうせ廃止になったものはもう乗れないので、
残っているほうを先に掲載すべきではないか、という考えに到りまして、


谷尾崎の先
転回場。終点の先に待機と方向転換のスペースとして存在する場合、
ここまで乗れないわけですが、


谷尾崎の先
看板。


谷尾崎の先
谷尾崎」の場合、熊本中心部と小島産交を結ぶにあたって、
ここを複乗する系統がありますので、客扱いをする状態でここにやってきて、


谷尾崎の先
方向転換して、運転士さんがアクセル踏みすぎたら、川に落ちるようなあと思いつつ、


谷尾崎の先
住宅地へ向かって折り返していく、という区間に乗れます。


谷尾崎の先
この写真だけだと、どんな山奥から狭い道を辿って下ってくるんだか、
という誤解を受けますよね。楽しい区間であることは間違いないです。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
三角産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
人吉IC乗降口2018
上田代(相良)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 三角産交2018 (2019-10-09 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 人吉IC乗降口2018 (2019-09-29 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。