地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2015年11月26日

青葉台団地入口

青葉台団地入口
12月1日付の路線改変、いちばん惜しいと思う区間。熊本市と菊陽町の境界付近。


青葉台団地入口
でも菊陽側のバス停は、「青葉台団地入口」という、イメージに合わない名前。


青葉台団地入口
竹林と隘路。


青葉台団地入口
白川が削った低地部分を越えて、両側の台地を繋ぐ高架。立体的な街。


青葉台団地入口
で、丘の上には住宅地が連なっているのですが、
このバス通りと坂道だけ見てると、ほんとにこの先が街なのか、
とても不安になります。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
並建
野中町
保戸窪
吉祥寺入口
飽田支所
川口二丁・二十丁
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 並建 (2020-12-13 07:07)
 野中町 (2020-12-12 07:07)
 保戸窪 (2020-12-11 07:07)
 吉祥寺入口 (2020-12-10 07:07)
 飽田支所 (2020-12-09 07:07)
 川口二丁・二十丁 (2020-12-08 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:08│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。