地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2015年12月06日

からくりもの

西鉄バスナビのアプリを制作しておられる、
株式会社からくりもの、岡本社長とお会いしました。

直通する系統が1日1本だけあって、
あとは乗り継ぎが必要な路線の場合、
その直通系統がノイズになって、
乗り継ぎ系統が検索結果に出てこないケースとか、

ほんのちょっと歩いて、交差点を曲がった別のバス停からだと、
毎時数本の直行便が出ているのに、
いま居るバス停からだと本数が極端に少ない行先の場合、
どうやって検索者に認知を促すかとか、

バス停そのもので検索するのではなく、
所在地の住所からバスを検索する機能が、
インターフェース的に多少見つけにくいかも、
というようなシステム外の話とか、

いろいろと、物好きの戯言にお付き合いいただき、
ありがとうございました。

そこでの話
からくりもの
以前、4月1日ネタとして、「嘘」「うそ」「uso」を含むバス停を検索したことがあります。
すると、本来はusoが含まれていないはずの、南湯納楚が、
検索結果に出てきました。

これは恐らく、データベースのローマ字表記が間違っていて、
yunosoが正しいのにyusonoにでもなってるのだろうと考えていましたが、
アプリの英語表記画面で、その事実を確認しました。

そのうち西鉄のデータベースが修正されると、
usoで検索しても南湯納楚が出てこなくなると思いますので、
スクリーンショットで保存しておきます。

以前には、存在しないのに検索すると出てくるバス停
なんてのもありましたし、人間のやることですので、
思いがけないところにミスが含まれているのですね。面白いです。



同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 『産交バスの終点へ』を蔦屋書店 熊本三年坂にてお買い求めくださった方へ (2020-09-17 20:59)
 『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました (2020-09-02 20:42)
 ちょんびん行程表独立のお知らせ (2020-09-02 19:55)
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)
 2020年3月21日ダイヤ改正バス停改称 (2020-03-11 17:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。