地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年01月19日

大牟田駅前2015大晦日

大牟田駅前2015大晦日
「大牟田駅前」。


大牟田駅前2015大晦日
観光プラザ。
世界文化遺産に登録されたからには、いまが勝負のタイミング。


大牟田駅前2015大晦日
そんなことはどこ吹く風。


大牟田駅前2015大晦日
バス停も、


大牟田駅前2015大晦日
駅も、あまり変わり映えせず。


大牟田駅前2015大晦日
古いのと新しいのと、というほど新しいものでもなく。
世界文化遺産、という考え方自体が、ノスタルジーですからね。





同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
荒尾バスセンター
ホテルヴェルデ
延命公園・動物園前
万田坑2019
高速八女インターチェンジ
祭りのあと
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 ホテルヴェルデ (2019-10-05 07:07)
 延命公園・動物園前 (2019-07-29 07:07)
 万田坑2019 (2019-06-30 07:07)
 高速八女インターチェンジ (2019-06-26 07:07)
 大牟田ダゴ (2019-06-09 23:58)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(2)大牟田
この記事へのコメント
大牟田駅前のバス乗り場についてですが、昨年大き大きく変わったところがあります。

時刻表、路線図兼運賃表が昨年、天井からのつり下げ式から地面から立つ標柱式に変わったことです。同時に路線図と運賃表が分けられました。五十音図運賃表について言えば25番勝立経由南関行きの記載が他の地域には見られない独特の形となっています。個人的にはもう少し運賃表の活字が路線図並に大きいといいなと思っています。

どこのバス停も時は少しずつ流れている・・・そう感じます。
Posted by Soleil at 2016年01月19日 21:00
そうでした。天井からの時刻表がなくなったな、と思いました。
しかしながら、前の写真が見当たらないのが残念です。

25番の記述は、次の機会を楽しみにしたいと思います。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年01月21日 19:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。