地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年02月17日

戸津

戸津戸津
八幡市の京阪バス「33」戸津です。早朝6時台に八幡市行きが2本。
これも免許維持路線のパターンなんですかね?
それともこの先に車庫があって、出庫路線なのかな、というようなダイヤです。


戸津戸津
歴史のある街道筋だと思わせる街並みです。
ここまで来るのに乗った「33」は、西戸津折り返しで乗客が8人。
ちゃんと機能していますので、集落の中心である戸津までくると利便性は上がりそうです。
なぜ西戸津打ち切りなのでしょうか。道路は路線バスが通るにはちょっと狭いですかね。
八幡市内と国道1号線や松井山手方面へ行く通り道なので、
道幅のわりに車の通行量も多いからバスは敬遠しているのでしょうか。


戸津戸津
バス停の向かい側に、戸津公会堂があり、その脇のスペースで折り返し可能です。
たぶん八幡市駅発着のバスは、男山車庫が担当していると思うので、
それならここまで回送で駅方面からやってきて、折り返して朝の始発バスとなるのだと推測します。
でも昼間車が行き交うときに、ここで折り返すためにバックするのは危険かもしれません。


戸津戸津戸津
集落の東端には、一里石があります。これがまた雰囲気アップに一役買っています。


同じカテゴリー(その他)の記事画像
桜島フェリーと鹿陸交通
秋芳洞
西鉄ホテルクルーム博多温泉大浴場
松浦鉄道一周
初太古
音浴博物館
同じカテゴリー(その他)の記事
 桜島フェリーと鹿陸交通 (2019-11-03 07:07)
 秋芳洞 (2019-10-21 17:17)
 西鉄ホテルクルーム博多温泉大浴場 (2019-10-13 17:17)
 松浦鉄道一周 (2019-10-04 07:07)
 初太古 (2019-09-25 07:07)
 音浴博物館 (2019-09-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。