地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2016年05月05日

白木

白木
白木。


白木
土曜日は、朝早く出かけて、夕方に戻る以外に選択肢なし、日祝日は休み。
それでも、以前訪問時と比べた場合、博多大屋敷が平日のみになって土曜も運行をやめたのに、
白木はいまだに残っている、という考え方もできます。


白木
大きい、がつくと、えらくなった気分w


白木
中沢商店、前回とだいたい同じアングル。人間的に進歩していない証左。
前回は何か買いましたが、今回は開いていませんでした。


白木
立派な公民館の前にバス停。


白木
バス停周りは、いくらか人がいるにしても、


白木
基本的には、こんな風景。


白木
折り返し運用なのに、けっこう待機時間が長くとってあって、道端でバスが休憩します。







同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。