地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2016年06月07日

内成棚田のバス経路

内成棚田のバス経路
内成棚田の亀の井バスに関して、私が持っている某社の地図は、
バスの運行経路に間違いがありますので、訂正しておきます。

地図上では、かいがけから梶原を経由して、緑色の線をバスが走るように記載されていますが、
現在の実経路は、高台の集落にもちゃんと寄る、赤線のルートです。


内成棚田のバス経路
そしてこの、地図には掲載されていない部分にこそ、
この路線の醍醐味が多く含まれています。


内成棚田のバス経路
実際に現地に行って検証しなくても、九州のバス時刻表サイトで、
地図検索したら解決するんかな、と思いまして、かいがけ⇒鳥越峠で調べてみたら、
より混乱を増長する表示結果になりました。なんでこういうことになりますかねw







同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
原からバス撮影
可也山の麓
『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 テレビに出ます(たぶん)。 (2021-12-04 18:11)
 バス路線探検家 沖浜貴彦 自己紹介 (2021-05-19 12:12)
 原からバス撮影 (2021-04-05 07:07)
 可也山の麓 (2021-03-27 07:07)
 お詫び (2020-10-20 01:01)
 『産交バスの終点へ』通販開始 (2020-09-23 16:16)

この記事へのコメント
一番車窓がすてきなところがここなのに…。こんなこともあるのですね。
Posted by 別府市民 at 2016年06月08日 21:10
けっこう日常的にあります。
郊外の、メイン道路からちょっと離れた集落をケアするために、
複乗したり、脇道を経由したりする場面に多く見られるので、
最初にいちど乗って確認しておくことは必須です。

乗れない場合、せめて全バス停の通過時刻表と対照して、
バス停が落ちている場所とか、不自然に所要時間が長い場所とか、
疑わしい部分を抽出するのも手ですね。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年06月09日 11:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。