地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年06月09日

西都バスセンター

西都バスセンター
福岡都市圏の西鉄バスダイヤ改正に注力しているので、
春に訪問した場所の記事化が完全に疎かになっていますが、まあぼちぼちと。

リアルタイムでの情報提供が意味を成す場合もありますが、
私のブログだいたいは些細な懐古趣味で成り立っておりますので、
数年寝かせておいた方が価値が出る場合もちらほら。
この西都バスセンターの写真も、本当にありがたくなる時が来るとすれば、
それは破壊された後なのでしょうから、皮肉なものです。


西都バスセンター
建物とバスと、同系色。


西都バスセンター
佐土原駅から佐土原高校への位置関係も、この車体に関しても、
わからないなりに撮っておくことは大事。あとから詳しい人が教えてくれますから。
前回の西都訪問も、西米良から来て佐土原方面に抜けてますので、
もしかしたらこの路線に乗ってるかもしれないのですが、
忘れたことは知らないことと、ほぼ同じ。


西都バスセンター
西都バスセンター、宮崎交通。


西都バスセンター
村所駅から西米良温泉ゆたーとへ。ヒト・ものハコぶエコロジーバス。
宮崎交通とヤマト運輸のコラボレーション。路線バスが宅配荷物も運ぶ試み。


西都バスセンター
車体に関しての判別力が劣っている私は、ナンバープレートが22のものを、
とりあえず大事にしておけばよい、くらいの判断で撮影をしております。


西都バスセンター
とはいえ各地のバス会社さんは、関東から中古車を導入していることも多く、
その場合にナンバーが更新されていれば、もうお手上げw


西都バスセンター
前回20数年前に、村所から乗った感覚で、
よくあの路線がまだ存続しているものだなぁ、と感じておりましたが、
今回通ってみたら、道は当然ながら格段に良くなっておりまして、
確かに郊外への長大路線ではあるのですが、スムーズに往復ができました。


西都バスセンター
村所は右から5項め、2便が西米良温泉まで、2便が村所止め。
93年当時1時間32分だった設定が、現在は1時間26分。
当時どれだけ隘路を爆走してたんだか、という話ですw


西都バスセンター
待合。


西都バスセンター
ほかに金銭的貢献ができるものもないので、UFOキャッチャーに課金して、
ご当地キーホルダーなどゲットしてしまう私。


西都バスセンター
宮交の不採算路線を代替運行する、三和交通。西都野尻えびの川南と幅広く。
コミュニティバスって、月木とか火金とか曜日指定が多く見られますが、
これだけ祝日が月曜に偏ると、祝日運休の路線に不平等感は出ないのでしょうか。
だからといって高森町民バスのように祝日も走ったとて、病院は殆ど休みですけどね。


西都バスセンター
なかなか素敵な均等ダイヤ。
目的地までの所要時間に違いがあったとしても、生活のリズムは作りやすいですね。
利用する人も、運転士さんも。


西都バスセンター
こういうの見ると、銀鏡まで往復したいなぁ、って思うので、キリがないのです。






同じカテゴリー(宮崎交通)の記事画像
埋立
九州本土の秘境バス四天王
村所駅昼
村所駅朝
鳥ノ巣
越野尾
同じカテゴリー(宮崎交通)の記事
 埋立 (2019-04-22 07:07)
 九州本土の秘境バス四天王 (2016-11-30 21:41)
 村所駅昼 (2016-09-12 06:06)
 村所駅朝 (2016-09-11 06:06)
 鳥ノ巣 (2016-07-15 07:07)
 越野尾 (2016-07-14 07:07)

Posted by ちょんびん at 12:20│Comments(0)宮崎交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。