地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2016年07月06日

原往還で考えること

原往還で考えること
時刻表が一段で表示できず、二段目にズレた場合、番号順に並んでいるがゆえに、
同じ方面に行くバスが分かれてしまって面倒なことも多い中、


原往還で考えること
原往還では「208」だけが別段になりますので、
ひとつだけ経由地が大きく違うものが別枠ということで、ある意味機能的な結果に。



原往還で考えること
純粋に番号順ということであれば、208より「502」のほうが大きいのですが、
原往還から先の経路は全て2や201と共通になるので、一緒に表示されて、こういう結果に。


原往還で考えること
「2」は金武営業所行きが次郎丸経由と田隈新町経由があって、歯科大病院行きができて、
それぞれにスロープ付きバスかそうでないかを分割しているので、
例えば田隈新町に行きたい場合、結局のところどの欄を参照したらよいのか、非常に難解です。

予算面を考えなくてよいのなら、タッチパネル式になっていて、
目的地はどこですか?と問われて指定したら、
そのバスだけ表示される、みたいなのが理想かなあ、と以前から思っていました。

現在では、スマホが近いとこまでやってくれるので、
バス停の一覧的な時刻表示は、こんなんでいいんでしょうかね。





同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 『産交バスの終点へ』通販開始 (2020-09-23 16:16)
 『産交バスの終点へ』を蔦屋書店 熊本三年坂にてお買い求めくださった方へ (2020-09-17 20:59)
 『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました (2020-09-02 20:42)
 ちょんびん行程表独立のお知らせ (2020-09-02 19:55)
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。