地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年07月29日

山鳥

山鳥
谷筋の水辺、鬱蒼とした森の中に神社、そこから登って集落。


山鳥
大雨の残骸。もともとは地震で緩んでいたのかも。


山鳥
静かな街並み。


山鳥
バス停は、通りの奥に。


山鳥
山鳥。


山鳥
平日7便、土日祝5便。
色見循環線は、循環が両方向ありますが、ここ山鳥から井上の区間は、どちらの系統も同じ方向に循環。


山鳥
田園風景の奥に外輪山。いろいろな意味で、老後に住むならこの辺ですかねー。
熊本にちょんびんが越すようなことがあれば、それはきっと産交バスのせいですw






同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
三角産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
人吉IC乗降口2018
上田代(相良)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 三角産交2018 (2019-10-09 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 人吉IC乗降口2018 (2019-09-29 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。