地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2016年09月05日

東木浦

東木浦
高低差のある地形。集落の中の道を抜けて、上に見える白いガードレールの先が、博多屋敷。


東木浦
バス停は、公民館の前。


東木浦
上から眺めて、東木浦に向かってくるバス。このあとこの撮影地まで来ます。


東木浦
砂防ダムの脇。


東木浦
下に七山の中心地まで一望。バスを写し込む必要があるのかどうか、疑問に思ったまま8年、、、
というのは嘘ですね。最初はバス停風景がメインで、バスを撮影する必要も感じてませんでした。


東木浦
伸びゆく竹。


東木浦
「東木浦」。


東木浦
次が終点博多。行って、折り返して戻るだけですが、楽しいのです。







同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。