地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2009年02月17日

公園前 関西医科大学男山病院

公園前 関西医科大学男山病院公園前 関西医科大学男山病院
京都府の八幡市と大阪府の枚方市の境目にあるバス停、「公園前」。
大阪と京都、奈良を隔てる生駒山系の北端、淀川にもほど近い面白い地形なんですが、
まわりは住宅地化していて、地形図を見ないとただの新興住宅地です。
隣のバス停は「中央センター」。センターも中央という意味なので、完全な重複です。


公園前 関西医科大学男山病院公園前 関西医科大学男山病院
バスの向こう側の茂みが、大阪府に属する樟葉東公園で、
右隣の関西医科大学男山病院は、敷地のほとんどが京都府です。
京阪電車の樟葉駅からここまで多くのバスがやってきて、三方向に分かれていきます。


公園前 関西医科大学男山病院
京阪バスの赤塗装。都バスとか、京都市バスとか、長崎バスとか、
各地に特徴あるバス塗装がありますので、バスを見るとその土地にやってきた実感がわきます。
そういう意味ではラッピング広告バスはあまり好きではないかも。
スマートループは最近見ても特に反応しなくなりました。慣れたんでしょうね。
西鉄100周年の記念に、昔の「黄土色と緑」とか、旧塗装色のバスが走れば楽しいのに。



同じカテゴリー(その他)の記事画像
イムズはおわるイズムはつづく
長田鉱泉場
児島駅の朝
王子ヶ岳登山口
鞆車庫前
下津井
同じカテゴリー(その他)の記事
 イムズはおわるイズムはつづく (2021-09-07 17:17)
 長田鉱泉場 (2021-08-19 07:07)
 児島駅の朝 (2021-08-18 07:07)
 王子ヶ岳登山口 (2021-07-08 07:07)
 鞆車庫前 (2021-07-07 07:07)
 下津井 (2021-06-26 07:07)

Posted by ちょんびん at 18:19│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。