地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2009年02月20日

橋本東山本

橋本東山本橋本東山本
コミュニティバスやわたの北の終着点、橋本東山本です。
折り返しのための転回場はおろか、待機のためのスペースもありません。
対向車が来たらバス停を離れてよけることになると思います。


橋本東山本橋本東山本
京阪の線路と川に挟まれた新興住宅地の一角にバス停があり、この先は行き止まりです。
おそらくここの住民以外に通行者もいないので、この設備で問題ないのでしょう。
住所は橋本になりますが、京阪の橋本駅からはちょっと離れています。
コミュニティバスは橋本駅にもアクセスしませんので、
車がないと不便な住宅地です。だからこそコミュニティバスがやってくるのだ、とも言えます。

このブログの読者さんから、鳥栖の公共交通綜合連携計画のサイトをご紹介いただきました。
このサイトをみてもわかるとおり、行政ってのはその行政区の中で、
住民が平等で平均的に恩恵をうけるような施策を行わなければならない、
という前提でものごとを進めてます。

けれども、ひとりでも利用者がいればそこにバスを走らせるのか、
ある程度の移動需要があって公共交通機関がない空白地域に重点的に予算を投下するのか、
その運用は自治体ごとにけっこう偏りがあって面白いと思います。


橋本東山本
だれも乗らないまま、バスが走り去って行きました。



同じカテゴリー(その他)の記事画像
大宝自動車本社車庫
大宝自動車八女
大宝自動車三川黒木駅
大宝自動車ほたるの館前
大宝自動車朧大橋
大宝自動車広川ダム
同じカテゴリー(その他)の記事
 大宝自動車本社車庫 (2020-08-11 07:07)
 大宝自動車八女 (2020-08-10 07:07)
 大宝自動車三川黒木駅 (2020-08-09 07:07)
 大宝自動車ほたるの館前 (2020-08-08 07:07)
 大宝自動車朧大橋 (2020-08-07 07:07)
 大宝自動車広川ダム (2020-08-06 07:07)

Posted by ちょんびん at 21:11│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。