地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2016年11月13日

唐津城入口

唐津城入口
唐津といえば唐津城。個人的な思い込み。
それは虹の松原でも松浦川でも唐津ボートでも何でもよいのですけれど、
このブログのコンセプトとして、ランドーマークとバスの風景を追い求めています。

この橋を特急バスが走るのは、朝の2便のみ。
福岡からの唐津行きが、早稲田佐賀への通学生のため唐津城入口行きになる分だけ。
ただし2便の時刻が近接していますので、1便目に乗って唐津城入口で降り、
好きな撮影ポイントを探しながら2便目を待つのが楽です。晴れていれば順光ですし。


唐津城入口
ということで、唐津城の前を通り過ぎた回送バスは、松浦橋を渡って営業所に戻ります。
こちらは反対方向なので真逆光でして、写っているのがバスなのかどうかも定かではないですが、
朝の靄がかる雰囲気が感じていただければ幸いです。

この松浦橋を反対から撮れば、橋と松浦川と城も一緒に順光で撮れるかもしれません。
いつになるか知れませんが、次への課題とさせていただきます。







同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 19:18│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。