地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2016年11月30日

九州本土の秘境バス四天王

あくまで個人的な見解ではありますが、
秘境路線バス」のお話をいただいたとき、ハンズマンさんシーンBさんと検討しまして、
以下の4つで間違いなかろう、ということになりました。

そう言いつつ、秘境の本は2も出まして
じゃあ2に掲載した路線は、以下の4つに劣るのかというと、そうでもなく、
さらに言えば、2が終わっても、まだ紹介したいところは尽きることなく。

まあ、あまり深く突き詰めずに、当方のオススメ、くらいにご理解の上、
ご自身の好きなのはどこなのか、と考える参考にしていただければ、と。
それから、皆様のイチオシも、お知らせいただけると幸いです。


九州本土の秘境バス四天王
宮崎交通祝子川温泉


九州本土の秘境バス四天王
熊本バス内大臣入口経由


九州本土の秘境バス四天王
三州自動車平山小循環


九州本土の秘境バス四天王
高森町民バス草部南部線

と、何故敢えて改めてこういうことを書くかというと、最近新規IPの訪問が増えておりまして、
長らくお読みくださっている方は、話の流れがわかっても、
突如このブログに来てみて脈絡のない5000本以上の記事を見せられた場合に、
何からツッコミを入れたら(笑)いいのか不明だろう、と思いまして。

まずは、この辺からご覧いただいたうえで、「わからん!」と思われた方は、
ご自身の最寄りバス停や馴染みのあるバス停を検索してみたりとか、
試していただければと存じます。よしなに。



同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 『産交バスの終点へ』通販開始 (2020-09-23 16:16)
 『産交バスの終点へ』を蔦屋書店 熊本三年坂にてお買い求めくださった方へ (2020-09-17 20:59)
 『産交バスの終点へ-熊本県下全終点の記録』できました (2020-09-02 20:42)
 ちょんびん行程表独立のお知らせ (2020-09-02 19:55)
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)

この記事へのコメント
今では乗り合いタクシーになっていますが、旧長崎県営バスの路線、小浜千々石間(木津経由)は、秘境というほどでもないかもしれませんが、人家も少なく鉄道の廃線跡ということもあってなかなか面白いです。

もう一つ、長崎バスの堂崎・多良見大浦あたりも町から近い割には秘境感があっていいですよ。
Posted by number8 at 2016年12月01日 08:00
冨津出身の後輩が居るので、木津経由はちょっと思い入れが。
鉄道の廃線跡は独特の雰囲気を持っていますし、
島鉄が引き継いでいてくれれば、秘境本ネタとして推したいですね。
車両がそっけないのが惜しいですなー。
//img01.yoka-yoka.jp/usr/n/i/s/nishitetsu4/20160507011.jpg
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年12月11日 14:15
多良見大浦は、国道なのにあの雰囲気、
という文脈部分を前面に出したいですね。
終点に行き止まり感があれば、さらに秘境なんですけど、
まあ逆に県営バスと長崎バスが繋がっているのが良さなので、
(※切れたら嘆きますし)、在るがままに任せましょうw
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年12月11日 14:35
ごぶさたしております、東京のせいやまでございます。新年のご挨拶を差し上げるべく今年はどこへ行こうかと考えているうちに1月も来週で終わり、時間の経つのは本当に早いものですね。今年は管理人さんも年初から精力的に動いていらっしゃるようで既にいくつかのイベントをこなしていらっしゃいますね。私は遠方でございますのでなかなか参加は叶いませんが機会があればぜひ参加したいと思っております。今年の予定は6月頃にまた九州に伺うつもりです。私自身昨年・一昨年と計3回九州のバスに乗りに行きましたが、3回の内に草部南部線、内大臣入口の2つのお勧め狭隘四天王に乗ることが出来たのは嬉しい限りです。今年4回目になりますとSUNQパスも全九州版で平山小や祝子川にもと欲も出る所ですが、まだまだ初心者の私、堀川バスも大交北部も祐徳も島鉄もそのほかも未乗のバス路線がたくさんあります。まずはこれら北部九州の未乗区間をどんどん攻めて行きたいと思います。そして泊ヶ内や高森、面高に天草なども再訪してみたいですね。今年も管理人さんのありがたい情報を基にバスに乗りに行きたいと思っています。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted by せいやま at 2017年01月23日 20:16
本年も宜しくお願い致します。
せいやまさんは、すでに狭隘四天王の半分を乗車されてますし、
決して初心者ではないと存じます。

とはいえかく言う私も、いまだにビギナー感は抜けず、
いつになったら九州の路線把握に多少なりとも光が見えるのだろう、
と遠い目をして悩むこともしばしばです。

バス路線探検家、としてイベントに呼んでいただくことも増え、
私も積極的にセルフプロデュースを行なう年にしたいと存じます。
何卒今後ともお引き立てのほどお願い致します。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2017年01月31日 00:08
おせわになります。
秘境とのことですが、高森町民バスも入るとなりますとコミュニティ系も対象になりますでしょうか?
であれば、当方は、西米良村の小川車庫も相当上位に来るかと思います。
反対側の、西都の銀鏡は、人家が見当たりますから対象外ですかね?
あと、柿坂の相の原とか、どうなのでしょうか?
Posted by つばめ at 2017年09月17日 00:30
お世話になってます。

コミュニティバス系も対象にしてよいと思いますが、
車体にその社局の柄があるかって大事だと思うんです。
その意味で西米良や今の柿坂は、ちょっとランクが落ちます。

柿坂ローカルはひととおり候補に挙がってたんですが、
樋桶山のバス停を載せただけで廃止になってしまいました。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2017年09月19日 20:53
大変ご無沙汰しております、東京のせいやまでございます。9/25~28で今年二度目通算六度目の九州バス旅に行ってまいりました。今回はSUNQパス全九州版四日間を利用、北は玄界灘を見て南は四天王の一角祝子川を攻め、次いで鹿児島の長島へ渡りフェリーのはしごで天草から島原半島へつなぎ、東は大分県佐伯地区で念願の波当津に行くことが出来ました。行程は下記の通りです。

第一日(9/25) 北九州空港から宮地嶽神社を参拝して天神まで
羽田→北九州空港→(エアポート)高速千代NT→(特急)直方BC→(68)遠賀川駅前→(JR)教育大前/赤間営→(26A)福間駅前→(5)宮地嶽神社前→(5) 福間駅前→(26A) 蔵本/土居町→(3)博多駅→(302)天神南 天神泊

第二日(9/26)四天王制覇を目指し大遠征
天神→(とよのくに)大分要町→(Pライナー)延岡IC/天下橋→(宮交)中町/中央通り1丁目→延岡駅→祝子川温泉→延岡駅→高千穂BC→五ヶ瀬町立病院→(五ヶ瀬町Gライン)馬見原→(熊本バス)浜町→新市街 熊本泊

第三日(9/27)天草はさんでフェリーのはしご
熊本交通C→(きりしま号)鹿児島空港→(南国交通)出水BC→だんだん市場→(天草ロマンシャトル)蔵之元→(三和商船)牛深港→(産交)本渡BC→鬼池港→(島鉄フェリー) 口之津港→(島鉄バス)小浜→愛野→(島原号)天神 天神泊

第四日(9/28) 波当津最後の日で感涙
天神→(とよのくに)トキハ→(大分バス)大手前→鶴見地区公民館前→大手前→波当津→佐伯駅→(佐臼ライナー)大分空港→羽田

最終日は何と波当津や下梶寄の路線最終日、長年思い続けていた波当津が最初で最後の乗車になり感涙を流さずにはいられませんでした。それぞれの日にちの様子を書かせていただきたいと存じます。いつも申し上げますが長文にならないよう気を付けます、お付き合いいただけたら幸いでございます。
Posted by せいやま at 2018年10月29日 22:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。