地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年02月25日

竹下竹下駅

竹下竹下駅
踏切を渡るバスを確保して、


竹下竹下駅
北上して駅へ。


竹下竹下駅
上に新幹線。


竹下竹下駅
「竹下」、さく病院前。「竹下駅前」でないのは、バス路線としての矜持でしょうか。
その想いを勝手に妄想して、本日の題名は竹下を重ねております。


竹下竹下駅
JR竹下駅は、新幹線の高架下。博多南までの新幹線部分は地面まで西日本の領地(笑)なので、
JR九州の竹下駅がある場所も、おそらく所有権は西日本。


竹下竹下駅
自転車置き場もそうでしょうかね。


竹下竹下駅
これは、何の窓口の跡ですか。


竹下竹下駅
取扱時間は8時から20時まで。


竹下竹下駅
駅前に、にしてつストア、そして井尻方面のバス停。


竹下竹下駅
並木の美しいバス通りです。






同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
イオン大野城
若久
塩原橋の桜2018
福岡徳洲会病院
桜ヶ丘公民館前
福岡市最東端の西鉄バス停:今里
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 イオン大野城 (2018-08-16 17:17)
 若久 (2018-06-25 17:17)
 塩原橋の桜2018 (2018-06-16 16:16)
 福岡徳洲会病院 (2017-11-16 22:07)
 桜ヶ丘公民館前 (2017-11-16 06:06)
 福岡市最東端の西鉄バス停:今里 (2017-10-18 22:55)

Posted by ちょんびん at 06:06│Comments(2)福岡緑
この記事へのコメント
シャッターの閉まっている窓口、見るからに「チッキ」の窓口のように見えますが…「チッキ」すなわち「手荷物」です。
窓口の正式な名称としては、「手小荷物取扱所」でしょう。
Posted by Tokyo Chikushi at 2017年02月25日 07:27
昭和50年代前半、京都の祖父が柿や無花果を送ってくれて、
よく西新駅(筑肥線)まで取りに行ってました。
鉄道小荷物も、ほかの宅配便に変わって、
消えていったもののひとつですよね(承前コメント)
Posted by ちょんびんちょんびん at 2017年03月02日 12:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。