地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年03月25日

響町エコタウン

響町エコタウン
典型的港湾地域の工場地帯の風景。


響町エコタウン
防風のためか、高い屏も。


響町エコタウン
まっすぐな道、起伏のない地面。


響町エコタウン
そして、必要以上に広いスペースに、ひとつバス停。


響町エコタウン
北九州市営バス、響町・エコタウン。


響町エコタウン
響灘工業団地の果て、終点です。


響町エコタウン
若松区の端っこ、というか元々は明らかに海だった場所ですが、戸畑駅まで行けます。


響町エコタウン
でも始発は17時台ですけどね。
通勤に使う方がおられるのでしょう。ここに来るバスは朝だけ、そして戻るバスは夕方だけ。
あとは回送で運用されていますので、ただバスに乗りたいだけの私などは、
来なくてよい、と明確に拒否されているのです。


響町エコタウン
ワンワン。


響町エコタウン
そういえば昔、河原の茂みにはよくエロ本が落ちていましたが、
このバス停近くの茂みには、熟女モノのVHSビデオが多数落ちていました。
響町エコタウンを紹介するために、全く必要のない情報です。

よくこんなとこまでバス来てますよね。





同じカテゴリー(北九州市営)の記事画像
高塔山若松あじさい祭り臨時
折尾駅の変化
芦屋急行鶴松団地関連
菜園場
宿場通り
大橋通り
同じカテゴリー(北九州市営)の記事
 高塔山若松あじさい祭り臨時 (2019-06-27 07:07)
 折尾駅の変化 (2018-03-01 18:26)
 芦屋急行鶴松団地関連 (2017-03-23 20:30)
 菜園場 (2017-03-19 16:16)
 折尾完乗間際 (2016-04-01 23:59)
 宿場通り (2015-10-24 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。