地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年04月03日

椿から椿公民館前まで

椿から椿公民館前まで
由布岳なのか鶴見岳なのか、まあその程度の認識。


椿から椿公民館前まで
谷部分から斜面にかけての棚田の美しさは、内成にも負けていないと思うのですが、
斜面の急峻さが足りないので、景色としての特異性には欠けるのかもしれません。
耕作地としては、こちらの方がずっと作業はしやすいと思います。

というあたりで、柚の木の谷筋訪問を一区切りしまして、


椿から椿公民館前まで
堺の方へ。


椿から椿公民館前まで
斜面中腹に道があって、住宅はどちらというと谷側に密集。


椿から椿公民館前まで
椿バス停。


椿から椿公民館前まで
柚の木が朝出て夕方戻るだけの路線なのに比べて、ここは別府から2往復できますので、
とても訪問しやすく本数の多い路線のように感じるのは、何かに騙されています。


椿から椿公民館前まで
公民館らしいもの。


椿から椿公民館前まで
やっぱりね、と自己満足。椿公民館前。


椿から椿公民館前まで
こちらのバス停には時刻表ないですけどね。


椿から椿公民館前まで
こっちむき、堺方面へバスを10人以上で待つことは無いと思います。


椿から椿公民館前まで
由布渓谷は深いのです。






同じカテゴリー(亀の井バス)の記事画像
仙人田
別府駅西口で亀の井バスのレア路線を確認する
梶原再晴 田植え前
かいがけから岩水 棚田沿いを歩く
内成棚田かいがけ行きの車窓から
堺
同じカテゴリー(亀の井バス)の記事
 仙人田 (2019-01-15 07:07)
 別府駅西口で亀の井バスのレア路線を確認する (2017-05-23 21:41)
 梶原再晴 田植え前 (2017-04-24 16:16)
 かいがけから岩水 棚田沿いを歩く (2017-04-21 21:32)
 内成棚田かいがけ行きの車窓から (2017-04-14 20:12)
  (2017-04-05 16:16)

この記事へのコメント
こんにちは。西鉄路線バスの旅という検索でヒットしてお邪魔しています。さて私はし、ホリデーアクトパスを使って、週末はバスであちこち行くのを楽しみにしておりますが、このパスのみでどこまで行けるか次の休みにバス旅を計画しています。北九州から久留米方面まで使えるとありますが、アクトパスだけで乗り継ぎ旅は可能でしょうか?なにかおすすめコースなどありましたら教えていただけるとありがたいです。出発地点は博多駅もしくは天神です。
Posted by てん子 at 2017年04月04日 14:56
無駄に一日をバス乗りだけで費やしてもよい、とお考えなら、
やはり醍醐味は長距離移動でしょう。

博多⇒田川急行⇒田川快速で砂津まで行き、
砂津⇒黒崎⇒直方⇒「75」⇒赤間急行で戻るとか、

博多⇒「400」⇒甘木⇒杷木⇒浮羽⇒久留米⇒佐賀⇒柳川
などが、西鉄バス運営区域の広さを感じるには最適です(笑)。

もし他の交通機関を使ってもよい、という気になったら、
ぜひ大牟田をひととおり乗り巡っておいてください。

当方、ホリアクを手放した今となっては、
北九筑豊福岡久留米は、それなりの1日乗車券で回れますが、
大牟田だけはSUNQ以外の適当なチケットがなくて、
疎遠になっているからです。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2017年04月04日 19:17
詳しく教えてくださってありがとうございます。すごく参考になりました。柳川方面のルート、さっそく試してみたいと思います。
Posted by てん子 at 2017年04月05日 08:34
堺方面にバスで行く人はいないでしょうね。堺バス停の地区には、うちの母を入れて2〜3人ぐらいしか住んでいませんから。
小挾間(おばさま)と言う地区としてはもっと右に下ると集落は在りますが、ほぼ限界突破地区です。
ちなみに由布市に入ったところで、道路の右側は庄内町、左は挾間町です。そこに別府市の境界がくっ付いているので、堺のようです。
Posted by Kein4533 at 2018年10月23日 08:00
本当に「堺」なんですよね。

地形的にサミットなんでしょうが、道路がある現在では、
そんなに行政区分を隔てないといけないような大きな障壁は
ないように見受けられるんですけどね。

小挾間は家の数も多く、長閑な集落と拝見しました。
大津留への橋が通行止めになっていて、
かなり遠回りを強いられましたが。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2018年10月24日 15:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。