地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年07月27日

エアロクイーンはかた号プレミアムで東京へ

エアロクイーンはかた号プレミアムで東京へ
さて、東京への旅を始めましょう。19時10分の東京行き。6のりば。


エアロクイーンはかた号プレミアムで東京へ
宮﨑や鹿児島にまだ頻繁にバスが走る中、1本だけ別方向のバスを待ちます。


エアロクイーンはかた号プレミアムで東京へ
概観は後から撮ることして、まずは乗車、プレミアムシート。


エアロクイーンはかた号プレミアムで東京へ
手荷物確認票もらいました。でも東京側の降車地は新宿だけなので、
気付かないうちに他の人に自分の荷物を持ちされていたという恐れは少なそうです。


エアロクイーンはかた号プレミアムで東京へ
個室スペースを実現するために全面眺望が犠牲になったという評価でしたが、
そこそこ前はちゃんと見えます。むしろ日よけが邪魔なんですけど、
これは動かすわけにもいかないでしょうし。


エアロクイーンはかた号プレミアムで東京へ
夕暮れの荒津大橋を眺めながら、長旅を覚悟しつつ(笑)、気持ちを盛り上げます。


エアロクイーンはかた号プレミアムで東京へ
SOSボタンとか、リクライニングのリモコンとか。
結局いちばんお世話になったのは、備え付けのipadでした。
ツイッターのフォロワーさんが、小倉砂津まで駆けつけてくださったり。


エアロクイーンはかた号プレミアムで東京へ
消灯前の休憩は、防府市の佐波川SAにて。ここでいちおう車体を撮影。


エアロクイーンはかた号プレミアムで東京へ
トラックと並ぶはかた号。このあと翌朝の点灯まで、けっこう長い時間眠れました。
翌日朝から新宿の近くで活動したい場合、ホテル代の節約だけでなく、
早起きをしなくてよいのも夜行バスのメリットになりそうです。







同じカテゴリー(その他)の記事画像
桜島フェリーと鹿陸交通
秋芳洞
西鉄ホテルクルーム博多温泉大浴場
松浦鉄道一周
初太古
音浴博物館
同じカテゴリー(その他)の記事
 桜島フェリーと鹿陸交通 (2019-11-03 07:07)
 秋芳洞 (2019-10-21 17:17)
 西鉄ホテルクルーム博多温泉大浴場 (2019-10-13 17:17)
 松浦鉄道一周 (2019-10-04 07:07)
 初太古 (2019-09-25 07:07)
 音浴博物館 (2019-09-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 20:57│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。