地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2017年11月01日

おこぼう庵

おこぼう庵
地元の方々の参加者取りまとめから、何もかもお世話になりましたおこぼう庵


おこぼう庵
小さな特産品販売所。昔の購買店の雰囲気を持っています。


おこぼう庵
バスが走る一日だけ、回数券うりばの鉄板が吊るされました。
普段は売ってませんからね。いやもう西鉄は回数券自体がありませんから路線バスは。


おこぼう庵
でもこれ昭和時代の洒落た直売所だと言っても通じそうでしょ。白黒変換してみてください(笑)。


おこぼう庵
伊良原の有志の方が人集めをしてくださって、当方砂津本陣會總本部は運行をお手伝いする形。
だって普通の方々は、ダム事務所に「バス走らせたいです」って折衝したりしませんし。


おこぼう庵
ということで、


おこぼう庵
普通の田舎の眺めですが、


おこぼう庵
年代物の観光案内図なんかあるとこに、


おこぼう庵
バスが走るだけで華やかになるんですよ。どのくらいの人が共感してくださるかはともかく、
私はそう感じるんだからいいんです。いいんです。大事なことではないですが2回言います。


おこぼう庵
140人お越しくださったので、3回に分けてご乗車いただきました。
旦那さんの遺影を抱えて乗られた女性や、親子で沿道の小学校に通われた方や、
いやもうドキュメンタリー映像撮影のためのサクラかいなという方々もおられました。
でもそれがリアルな現実なんですよね。ダムのために移住を余儀なくされた方も。

読売新聞や西日本新聞に掲載いただき、FBSの取材も来てくださって、
皆さんの最後の思い出と記念になりましたので、よかったです。






同じカテゴリー(京築)の記事画像
行橋駅東口
行橋営業所帰還
尾行送迎バス
伊良原大橋
新下伊良原代替地
伊良原ダムの底を走る
同じカテゴリー(京築)の記事
 行橋駅東口 (2019-05-08 17:17)
 行橋営業所帰還 (2019-05-07 17:17)
 伊良原ダム廃止路線完全復活祭まとめ (2017-11-11 23:23)
 尾行送迎バス (2017-11-11 11:11)
 伊良原大橋 (2017-11-10 06:06)
 新下伊良原代替地 (2017-11-09 06:06)

Posted by ちょんびん at 16:16│Comments(0)京築
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。