地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2017年11月05日

伊良原ダムの底を走る

伊良原ダムの底を走る
川久保で旧道に入ったバスを、新道経由で先回り。


伊良原ダムの底を走る
このあたりも、もう水か湛まっています。


伊良原ダムの底を走る
そして堰堤の近くへ。


伊良原ダムの底を走る
山伏か天狗か、何か登場。


伊良原ダムの底を走る
サービス精神旺盛です。暑い中この姿でバスを待ってくださるくらいですからw


伊良原ダムの底を走る
待ち伏せ。


伊良原ダムの底を走る
バスを停めて。


伊良原ダムの底を走る
乗り込まれましたw


伊良原ダムの底を走る
旧バス通りです。







同じカテゴリー(京築)の記事画像
行橋駅東口
行橋営業所帰還
尾行送迎バス
伊良原大橋
新下伊良原代替地
川久保
同じカテゴリー(京築)の記事
 行橋駅東口 (2019-05-08 17:17)
 行橋営業所帰還 (2019-05-07 17:17)
 伊良原ダム廃止路線完全復活祭まとめ (2017-11-11 23:23)
 尾行送迎バス (2017-11-11 11:11)
 伊良原大橋 (2017-11-10 06:06)
 新下伊良原代替地 (2017-11-09 06:06)

Posted by ちょんびん at 16:16│Comments(1)京築
この記事へのコメント
初めまして。
調べごとをしている最中に貴ブログに行き当たり
懐かしさのあまり、記事を拝見しておりました。
私は昭和50−54年まで苅田町におり、高校時代の友人と
最初は自転車で、後にバイクになりその後は自動車で
野峠を幾度も越えています。

犀川町の木井馬場、そして伊良原、帆柱の風景が懐かしく
思い出されます。
Posted by kotaro at 2021年10月24日 02:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。