地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2018年02月28日

屋形船車庫

屋形船車庫
第一屋形船から坂道を歩くとすぐにバス停、そして都市高速道路の高架。


屋形船車庫
奥のトラックが停まっているすぐ先が交差点なので、第一屋形船も徒歩圏内です。


屋形船車庫
屋形船車庫。


屋形船車庫
毎時2本。ほかに八幡駅から第一屋形船を経由して黒崎に行くバスがありますので、
バスが行ったばかりで40分待たねばならないタイミングでは、歩いた方がよいかもしれません。


屋形船車庫
そして高架沿いにある車庫。


屋形船車庫
構内にもバス停が立っていますが、乗車はこちらからです。

今年も6分の1終わりましたね。皆さまのおかげで楽しく過ごさせていただいています。






同じカテゴリー(北九州)の記事画像
香月市民センター
ホテルクラウンパレス北九州
黒崎駅前井筒屋
中央二丁目
西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
折尾駅の高架から
同じカテゴリー(北九州)の記事
 香月市民センター (2020-06-30 07:07)
 ホテルクラウンパレス北九州 (2020-06-29 07:07)
 黒崎駅前井筒屋 (2020-06-27 07:07)
 中央二丁目 (2020-06-24 07:07)
 西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目 (2020-04-30 07:07)
 折尾駅の高架から (2020-04-29 07:07)

Posted by ちょんびん at 06:06│Comments(2)北九州
この記事へのコメント
  「北九州バス歩き」参加させていただきました。北九州都市圏の西鉄バス運行状況には全くもって未知の世界だった私自身には北九州都市圏のバス運行状況を知る良いきっかけになりました。今度は800円パスを片手に今回は素通りするだけになってしまった戸畑・八幡・若松地区をちょんびんさんのブログを参考にしながら乗りつぶしたいと思っております。いろいろとありがとうございました。
 余談ですが、門司駅前のバス停に着いたとき、かつての日本最長距離鈍行824列車・門司発福知山行きがぱっと思い浮かんだ私は「年寄り」なのでしょうか(笑)?
Posted by 新宮緑ヶ浜行き深夜バス at 2018年03月01日 00:30
福知山までの客車列車は懐かしいです。さすが同世代。
ただわたくしはそこまで鉄分が強くないので、
824列車という番号までは憶えてなかったです。
門司5時台、福知山23時台という難易度で乗れませんでしたが、
時刻表を見て憧れていました。

北九州は山と海が近いので、坂と平地の工業地帯の対比を
楽しむのがよいかと思っております。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2018年03月02日 21:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。