地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年06月11日

百刈

百刈
百刈。

産交観光というのは、産交バスの地方不採算路線を行政が残そうとした際に、
一度路線バスとしては廃止した体裁にして、補助金を出して観光バス会社に運行を委託する、
という形式を採用した名残です。バスに乗る人は少なくても、走らなくなると寂しい人は多いのです。


百刈
実質2便。


百刈
熊本のアスファルトが白いのではなく、雪がうっすらと積もっているのです。


百刈
どこかしこ頼りなげなくまモン。


百刈
対面に集落が在るバス停でも、茂みのほうだけ切り取れば、ほら秘境、という卑怯。


百刈
ドコモのアンテナ。


百刈
つながることが価値。


百刈
バスが走ってくることも価値。


百刈
朝、スタッドレスタイヤでも恐る恐る走らねばならない道も、


百刈
昼前にはこういう状態になるわけで、非日常の風景を撮る難しさを感じます。
そこに出くわす運と行動力、伝わる写真を撮る技術、掲載する情熱。

どれもなくても、なんとなく10年続くブログもあります。






同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
三角産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
人吉IC乗降口2018
上田代(相良)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 三角産交2018 (2019-10-09 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 人吉IC乗降口2018 (2019-09-29 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。