地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2018年06月14日

八田遊園地の桜2018

八田遊園地の桜2018
特に説明することもないです。桜とバスですから。
紫陽花の季節になってから掲載していることをお詫び申し上げるくらいです。


八田遊園地の桜2018
ということで、次からキャプション省略します。


八田遊園地の桜2018

八田遊園地の桜2018

八田遊園地の桜2018

八田遊園地の桜2018

八田遊園地の桜2018

八田遊園地の桜2018

八田遊園地の桜2018

八田遊園地の桜2018
「八田遊園地」。

■前回掲載
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e455833.html


八田遊園地の桜2018

八田遊園地の桜2018
自治会の名前も桜ヶ丘なんですね。明日からも、こんな感じの桜を数日続ける予定です。





同じカテゴリー(福岡黄)の記事画像
勅使道
香椎宮しょうぶ園前
みどりが丘中央公園前
みどりが丘三丁目
始終
西鉄千早駅等
同じカテゴリー(福岡黄)の記事
 勅使道 (2019-05-05 07:07)
 香椎宮しょうぶ園前 (2019-04-25 07:07)
 みどりが丘中央公園前 (2019-04-24 07:07)
 みどりが丘三丁目 (2019-04-17 07:07)
 始終 (2018-08-15 23:58)
 西鉄千早駅等 (2018-08-14 17:17)

Posted by ちょんびん at 22:03│Comments(2)福岡黄
この記事へのコメント
2番目の写真に注目しました。
左の信号機の、桜にちょっと隠れた、交差点名称。

つい1ヶ月ほど前に、「目尾遊園」の記事にコメントしたばかりですが、その中で「八田遊園地」にも少し触れておきました。

私が子どもの頃(何十年も前ですが)には、ちょっと広い土地で遊具があると、そういうところを「遊園地」と呼んでいた、だから「遊園地」はいたるところに数多く存在し、私たち子どもは、ほぼ毎日「遊園地」へ行って遊んでいた、ということを書きました。

そのような、過去に「遊園地」と呼ばれていたものは、現在では「公園」と呼ばれるようになり、バス停の名称に過去の呼称がわずかに残っている、ということを如実に示していると思います。
Posted by Tokyo Chikushi at 2018年06月15日 10:55
目尾で示唆いただいた、遊園という語の指す意味、
非常に腑に落ちましたありがとうございます。

遊園地はどうしても大規模遊具のある場所のイメージです。
これが世代というものなのでしょうね。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2018年06月21日 20:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。