地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2018年07月04日

キャナルシティ博多の100円循環

キャナルシティ博多の100円循環
福岡の繁華街、天神と博多を結びつつ循環する「100」番。
運賃が100円であることに因み、100円の標示を掲げて循環していました。


キャナルシティ博多の100円循環
キャナルシティ博多前のバス停。国体道路を経由して天神方面に向かう側。


キャナルシティ博多の100円循環
2018年の3月17日にダイヤ改正が行われ、100円「循環」は廃止となり、
新たに「キャナルシティラインバス」の運行が始まっています。


キャナルシティ博多の100円循環
博多駅~キャナル~国体道路~天神~明治通り~博多座~博多駅という循環が元の経路ですが、
天神~博多座~博多駅の区間は、「3」などたくさんの代替路線があったので廃止。
手薄な部分に経営資源を集中させるのは、非常に真っ当な方策だと思います。


キャナルシティ博多の100円循環
平日の100円循環は、日中ほぼ10分間隔の運行、
土日祝の方が、観光客など他地域からの訪問者が増えるのか、直行が多数運行されていました。


キャナルシティ博多の100円循環
本数はほぼ維持、平日も快速が増えて、つまりは博多~キャナル~天神の輸送へ特化され、
それ以外の区間は既存路線も活用してねー、という方向性なのです。

各業界で人手不足が言われていますので、
そのうちバス運転士さんにも外国人とか増えるんですかね。
そしたら「バス運転士の本業は移動補助であって、アホの相手ではない」ってことで、
過度のホスピタリティを求められる現状が顧みられるかもしれません。


キャナルシティ博多の100円循環
光る床。


キャナルシティ博多の100円循環
天神方面行き、普通便の標示と、


キャナルシティ博多の100円循環
こちらが直行。


キャナルシティ博多の100円循環
側面の標示、川端町から博多座に行くものなどが、今回の改正で消えたわけです。


キャナルシティ博多の100円循環
渡辺通りを走る100円循環が、懐かしい姿になるでしょうか。いまのところは、あまり惜しくない私です。





同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
2019年3月ダイヤ改正直後
福ビルと天神コアの夜景
博多バスターミナル1802
ヤフオクドームとシーホーク
吉塚駅前
駅前一丁目
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 2019年3月ダイヤ改正直後 (2020-05-10 17:17)
 福ビルと天神コアの夜景 (2019-10-11 17:17)
 博多バスターミナル1802 (2019-10-03 07:07)
 ヤフオクドームとシーホーク (2019-10-01 07:07)
 吉塚駅前 (2019-09-08 17:17)
 駅前一丁目 (2019-08-23 17:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。