地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年04月05日

津留津留

津留津留
バス停同士の距離もそのままに津留。

■津留2014
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1129060.html


津留津留
ふれあいバスは高千穂へ。


津留津留
高千穂町の中心部へは、河内での乗り換えが必要です。

■河内
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e832051.html


津留津留
産交観光仕様の旧色が更新されて、産交バスの新しい鉄板に。


津留津留
3便あったうち、最後の便は予約制の乗合タクシーになりました。
朝街に出て、昼に戻る人が殆どだったそうです。


津留津留
県道を走るバスも、リエッセからローザになると、ちょっと小さくなった気分。


津留津留
川上まで往復して、あらためて津留へ。祝日に揚がる日章旗がよいです。





同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
三角産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
人吉IC乗降口2018
上田代(相良)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 三角産交2018 (2019-10-09 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 人吉IC乗降口2018 (2019-09-29 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。