地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2019年07月23日

杷木とインターチェンジ

杷木とインターチェンジ
杷木インターでのバス交換。


杷木とインターチェンジ
水害の爪痕。土砂は撤去されても、戻らないフェンス。


杷木とインターチェンジ
先ほどインターを下りてきたバスが、杷木で乗降扱いをして、戻ってきたらまた別のバス。


杷木とインターチェンジ
二日市朝倉街道への路線バスも1時間に2往復ありますが、高速バスのほうが旺盛です。


杷木とインターチェンジ
そしてインターへ向かうバスの左側には、まだ残る土砂。


杷木とインターチェンジ
杷木が日田バスの管轄になりまして、こんな貸切車両も停車するように。


杷木とインターチェンジ
○杷が黒文字に。3415と3418


杷木とインターチェンジ
神杉野と小石原、まったく逆方面の終点ですが、杷木ローカルとして一緒に扱われます。


杷木とインターチェンジ
大分新川と日田温泉も、上下に並べるのはどうなのかなぁ、と。


杷木とインターチェンジ
本数は小石原の勝ち。


杷木とインターチェンジ
一般道経由尾日田行きは、使えるのかどうか微妙な本数。

と撮影したのは2018年の2月なので、もう水害を想起させるものもないかとは思います。
人々の暮らしは元に戻ることはないので、どう復興するかという話なのです。

被災地杷木
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1999363.html


復刻色杷木
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2067239.html





同じカテゴリー(二日市)の記事画像
下大利駅
雪の甘木川
太宰府高校直行
愛宕浜5720ぐりーん 秋月
愛宕浜5720ぐりーん 西鉄二日市
西鉄二日市駅
同じカテゴリー(二日市)の記事
 下大利駅 (2022-01-23 07:07)
 雪の甘木川 (2021-08-05 07:07)
 太宰府高校直行 (2021-07-30 07:07)
 愛宕浜5720ぐりーん 秋月 (2021-05-27 07:07)
 愛宕浜5720ぐりーん 西鉄二日市 (2021-05-22 07:07)
 西鉄二日市駅 (2021-02-22 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。