地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年04月24日

古俵神社

古俵神社
広津から海側に分岐して、古俵神社までの路線が、昔の路線図に掲載されています。

昭和30年台の西鉄バス路線図
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1958437.html

今回、運営さんの現地調査では、実際に走っていた時代の記憶を持つ人は見つかりませんでした。
まあ昭和40年に走ってたとしても、当時ハタチならば既に70を超えるわけですので、
むしろ人の流動が多い都心部の方が、検証作業は難しいのかもしれませんね。


古俵神社
当時、ここにはどんなバスが来ていたのやら。


古俵神社
今も巡回バスは来ていますが、バス停は古俵神社ではなく、漁村センターです。





同じカテゴリー(二豊)の記事画像
殿町広津山国川山国橋
米山
道の駅しんよしとみ
金代
小畑
下村に二豊交通の鉄板
同じカテゴリー(二豊)の記事
 殿町広津山国川山国橋 (2019-05-06 17:17)
 米山 (2019-05-05 17:17)
 道の駅しんよしとみ (2019-05-04 17:17)
 金代 (2019-05-03 17:17)
 小畑 (2019-05-02 17:17)
 下村に二豊交通の鉄板 (2019-05-01 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)二豊
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。