地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年05月08日

行橋駅東口

行橋駅東口
新設されて間もない「行橋駅東口」次は小波瀬。


行橋駅東口
本陣會の廃止路線完全復活祭のあと、行橋営業所から駅まではそこそこ距離あるなーと思いました。
短距離での乗降も可能なので、営業所と駅の相互移動でも使いではありそうです。
それなら「19」も、行橋営業所=駅=駅通りと回ったらどうかとも考えます。
太陽交通で足りると判断する方が妥当ですかね。


行橋駅東口
毎時1本以上は担保されています。
60分以上待たされるのは、平日の9時48分から10時54分までだけですかね。


行橋駅東口
ヤフオクドーム行き。
行橋から天神まで1640円、ドームまで2160円、天神からドームまで230円。
それでも乗り換えの手間とか着席とか考えたら、直行を選ぶのはアリでしょうね。


行橋駅東口
ということで、駅前に西鉄のバス停が立ったことが、何よりうれしいのでございます。
そういいつつ、元の駅前発着所の撮影は忘れてますが。


行橋駅東口
行橋駅、18時を過ぎても空が明るいです。


行橋駅東口
太陽交通の行橋駅行きが到着。
ブログ記事としてバス車両が収められたので、満足して帰路につきます。




同じカテゴリー(京築)の記事画像
行橋営業所帰還
尾行送迎バス
伊良原大橋
新下伊良原代替地
伊良原ダムの底を走る
川久保
同じカテゴリー(京築)の記事
 行橋営業所帰還 (2019-05-07 17:17)
 伊良原ダム廃止路線完全復活祭まとめ (2017-11-11 23:23)
 尾行送迎バス (2017-11-11 11:11)
 伊良原大橋 (2017-11-10 06:06)
 新下伊良原代替地 (2017-11-09 06:06)
 伊良原ダムの底を走る (2017-11-05 16:16)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)京築
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。