地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年07月26日

6号バース

6号バース
貨物コンテナ、という統一規格。
機能性も高いですし、当たり前のようではありますが、
激しい利権争いを経て、物流革命が起こって、いまの形になっているらしいです。


6号バース
当たり前のように海外産の食品を食べ、ものを消費しておりますが、誰かが運んできてるのです。


6号バース
6号バース前。
バースは誕生Birthでも阪神の元主砲Bassでもなく船の係留場Berthです。


6号バース
カタカナでバースと書かれるより、錨泊処と中国語で書かれたほうが意味が分かる逆説。


6号バース
大田市場の品98のほかに、井98も。


6号バース
大田市場に行ってから戻ってきたので、


6号バース
青物横丁のほうに行ければ、最終的に羽田空港まで変えるのも楽かなと思いましたが、


6号バース
安定して走る品98とは違って、


6号バース
井98、日中はまったく走ってくれてませんでした。





同じカテゴリー(その他)の記事画像
大宝自動車本社車庫
大宝自動車八女
大宝自動車三川黒木駅
大宝自動車ほたるの館前
大宝自動車朧大橋
大宝自動車広川ダム
同じカテゴリー(その他)の記事
 大宝自動車本社車庫 (2020-08-11 07:07)
 大宝自動車八女 (2020-08-10 07:07)
 大宝自動車三川黒木駅 (2020-08-09 07:07)
 大宝自動車ほたるの館前 (2020-08-08 07:07)
 大宝自動車朧大橋 (2020-08-07 07:07)
 大宝自動車広川ダム (2020-08-06 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。