地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年09月29日

人吉IC乗降口2018

人吉IC乗降口2018
産交バスと産交バス。


人吉IC乗降口2018
宮原サービスエリアで休憩するフェニックスです。


人吉IC乗降口2018
右側は貸切バス。


人吉IC乗降口2018
人吉インターで産交バスが並びます。続行便も含めて、宮崎行きと福岡行きが2台ずつ。


人吉IC乗降口2018
出発を見送って、


人吉IC乗降口2018
人吉インターチェンジバス停。


人吉IC乗降口2018
九州産交がいちばん上に書かれているのは、ここが熊本だからでしょう。


人吉IC乗降口2018
時刻表。充実してますなぁ。


人吉IC乗降口2018
福岡と熊本、宮崎と鹿児島の結節点。


人吉IC乗降口2018
高速と反対側にもバス停。


人吉IC乗降口2018
まるおか号の人吉IC


人吉IC乗降口2018
産交バスの人吉IC乗降口。


人吉IC乗降口2018
人吉の都心部から、ここまでバスでやってきて、高速バスに乗り換える。
可能ではありますが、さてこの本数で乗り継ぎをやるのは、精神的にハードルが高そう。
インターまで車で送ってー、という話が一般的なのかも。


人吉IC乗降口2018
微妙な距離なんですよね。歩くのはしんどいし。高速バスに乗るなら大荷物でしょうし。


人吉IC乗降口2018
ということで基本は観光客向け。


人吉IC乗降口2018
ローザベースのレトロ装飾。


人吉IC乗降口2018
駅とインターを結んでいます。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
三角産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
上田代(相良)
九州号で諫早インターまで
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 三角産交2018 (2019-10-09 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)
 九州号で諫早インターまで (2019-07-28 20:20)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。