地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年10月09日

三角産交2018

三角産交2018
あまくさ号が三角駅に寄らなくなったので、五橋入口までのアクセス方法。


三角産交2018
時刻表。平日限定の路線が多いです。


三角産交2018
路線図、半島に東西に延びる山があって、北側と南側の海沿いに路線。


三角産交2018
西港が注目されるようになって、観光用の路線も。


三角産交2018
土日祝11本。鉄道のダイヤとリンクしてたんでしょうか。


三角産交2018
三角産交には、ちゃんと丸板があります。


三角産交2018
はす向かいの近い距離に三角駅。
連携しているようでも、競り合っているようでもなく、お互い無関心に見えます。


三角産交2018
でもこのバスは、たぶん鉄道接続です。シャレトル便という名前は、あまり洒落てません。
おしゃれの店、ってのが各地の商店街に散見されるのですが、
おしゃれを標榜した時点で当方の気分が盛り上がるわけでもなく、
そもそも対象は年配女性でしょうから、ああターゲットから逸脱してるんだな、とまま思います。


三角産交2018
海側に駐まるバス。通学需要のときだけ年代物のバスが走る運用は多く、
日祝日に訪問するとお休みしている姿を眺めるだけになります。


三角産交2018
いやいや、リエッセかわいいですよ、と自分に言い聞かせ。

以前の掲載
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1043269.html




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
人吉IC乗降口2018
上田代(相良)
九州号で諫早インターまで
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 人吉IC乗降口2018 (2019-09-29 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)
 九州号で諫早インターまで (2019-07-28 20:20)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。