地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年02月23日

宮の浦

宮の浦
米水津の湾の南端、鎮守の神様。


宮の浦
昨日掲載の色利でバスを見送ったあと、追いかけて転回姿。


宮の浦
余韻なく走り去るバス。


宮の浦
米水津の中心部へ戻り、そこから佐伯へと峠を越えます。


宮の浦
車があれば、バスはあまりいらないもの、時としては厄介者でさえ。


宮の浦
宮の浦。


宮の浦
廃止前、最後の時刻表。


宮の浦
多くの人が座ったであろうベンチ。


宮の浦
どこにでも消防団はあります。


宮の浦
終点風景は、まだたくさんの人の暮らしの気配が。


宮の浦
でも、


宮の浦
バス路線はなくなっちゃうのが現実なのです。





同じカテゴリー(大分バス)の記事画像
竹田営業所
中高
刈小野
稲葉
白丹(しらに)
梅の木
同じカテゴリー(大分バス)の記事
 竹田営業所 (2020-07-26 07:07)
 中高 (2020-07-25 07:07)
 刈小野 (2020-07-24 07:07)
 稲葉 (2020-07-23 07:07)
 白丹(しらに) (2020-07-22 07:07)
 梅の木 (2020-07-21 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)大分バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。