地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年06月29日

ホテルクラウンパレス北九州

ホテルクラウンパレス北九州
ホテルクラウンパレス北九州。
安月給なのに無理してバスを追いかけ、日々の生活が苦しいので、
ロイヤルとかクラウンとかいうホテルには縁がありません。車中泊は正義。


ホテルクラウンパレス北九州
反応したら負けだと思いつつ、言及せずにいられないのが英訳。
グーグルにクラウンパレスと入力するだけでも、crown palaceと出てきますよ。
実際のホテルはpalaisとフランス語で綴るようですし、そこのブレはともかくとして、
「間違うにしても、こうは間違えられない」ってミラクルを起こせる人がいるんですよね、世の中に。


ホテルクラウンパレス北九州
これが現物。今月末まで休業中。


ホテルクラウンパレス北九州
バス停。


ホテルクラウンパレス北九州
デジタル表示。


ホテルクラウンパレス北九州
タテに全体を。


ホテルクラウンパレス北九州
特定の時刻を大きくしたり、画面制御が遠隔でできるのがよいですね。


ホテルクラウンパレス北九州
今後のことなど、誰も分からぬのです。立ち止まるか、前に進むか、静かに横になるか。


ホテルクラウンパレス北九州
当方の考える、北九州らしさ。高塔山と煙突と。





同じカテゴリー(北九州)の記事画像
香月市民センター
黒崎駅前井筒屋
中央二丁目
西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
折尾駅の高架から
折尾駅(バス停)
同じカテゴリー(北九州)の記事
 香月市民センター (2020-06-30 07:07)
 黒崎駅前井筒屋 (2020-06-27 07:07)
 中央二丁目 (2020-06-24 07:07)
 西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目 (2020-04-30 07:07)
 折尾駅の高架から (2020-04-29 07:07)
 折尾駅(バス停) (2020-04-28 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)北九州
この記事へのコメント
このローマ字表記は、深く考えさせられますね。
先日、高知のとさでん交通の「電鉄ターミナルビル前」電停で、ローマ字表記が、「Dentetsutamiuarubiru mae」となっているのを思い出しました。この綴り、とても覚えられないので、その時に携帯のカメラに撮っておいた画像を確認しながら、書いています。途中の「u」は、「n」とすべきものがひっくり返っているものと思われます。
また、古くは、私が大学入学の頃に、東京モノレールに羽田から乗り、途中の「流通センター」駅のローマ字表記が「RYUTSU SENTA」となっていたのを思い出します。
英語がそのままカタカナ表記されているものは、英語原語の綴りで書いたほうがよいと個人的には思います。

このホテル、できた当時は、「北九州プリンスホテル」でしたね。天神や空港からの戸畑・若松行きの高速バスが停まっていました。

前の記事の黒崎井筒屋、この建物ができた時は「黒崎そごう」で、西日本で最大のデパートができたと大きな話題になり、私もわざわざ福岡から何度も行ったものです。まだ高速バスが走ってなかったので、国鉄の快速または特快で。
Posted by Tokyo Chikushi at 2020年06月29日 15:40
ローマ字表記にするか原語のつづりを優先するかは、
状況によって意見が分かれると思いますが、
新しい言語の創出は私の価値観に合いませんね。

CROUN PARESS ある意味ミラクルです。

ところがなんと申しますか、同じようなことは起こるようで、
「何故」というところが疑問で仕方ありません。
思い入れが全くなくて適当なのか、むしろ頑張った結果の無理筋なのか。

以前に、聖マリアも載せてます
Posted by ちょんびんちょんびん at 2020年06月30日 16:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。