地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年04月30日

西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目

西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
まったく縁のない北九州市立八幡病院。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
の前のバス通り。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
薬局前のバス停。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
新病院への移転に伴い、


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
西本町四丁目南、苦肉の策っぽさを醸す名称は、東入部第二と共通。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
「91」の本数。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
黒崎向けと戸畑向けと。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
そして新病院。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
環状交差点、福岡県内はここと上八くらい。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
病院構内からのバスを、歩道橋の上から。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
そのまま病院は後回しにして、電車通りへ。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
新設の片側バス停、といっても撮影が2019年1月ですけど。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
尾倉二丁目。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
桃園と球場前の距離感が地元でないのであやふやでして、
1番がたくさんあるならちょっと遠くても歩くのか、91がなくなると不便なのか。
もともとバスが走ってなければ本線バス停まで歩くとしても、
今まであったものが無くなると、また印象が違うのかもなあと思ったり。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
そして尾倉町。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
戻って病院。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
バス停。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
市立八幡病院。まるで始発地のような片側隣接表示。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
いや、ほんとはほかの系統も乗り入れるつもりだったんだよ、と暗に示すような姿。


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
なぜか「40」だけが


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目
来ます


西本町四丁目南~市立八幡病院~尾倉二丁目




同じカテゴリー(北九州)の記事画像
香月市民センター
ホテルクラウンパレス北九州
黒崎駅前井筒屋
中央二丁目
折尾駅の高架から
折尾駅(バス停)
同じカテゴリー(北九州)の記事
 香月市民センター (2020-06-30 07:07)
 ホテルクラウンパレス北九州 (2020-06-29 07:07)
 黒崎駅前井筒屋 (2020-06-27 07:07)
 中央二丁目 (2020-06-24 07:07)
 折尾駅の高架から (2020-04-29 07:07)
 折尾駅(バス停) (2020-04-28 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(1)北九州
この記事へのコメント
環状交差点、昔「ロータリー」と呼ばれていた交差点の生き残りでしょうね。

久留米にも、荘島交差点など、ロータリーがいくつかありました。でも1970年前後頃から消えていき、普通の信号による交差点に変わっていきましたね。おそらく交通量が増え、それに比例して事故も増えてきたことから、信号で制御しなければいけなくなったのでしょう。
1990年頃仕事で四日市を訪れた時に久しぶりにロータリーに遭遇して、感激したのを覚えています。
その後、アメリカに住んでいた時にロータリータイプの交差点がとても多いことに驚きました。日本とは回る方向が逆なのが印象的でした。

でも確かに福岡市では見かけた記憶がないですね。
八幡、久留米、四日市と、工業都市に作られる傾向があったのでしょうか?
Posted by Tokyo Chikushi at 2020年04月30日 19:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。