地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2020年12月02日

山鹿バスセンター

山鹿バスセンター
いつも楽しい山鹿のターミナル。
設備としては南関ターミナルの方がずっと尊いですが、バスがいる環境は山鹿の本数が価値。


山鹿バスセンター
玉名駅ミディ。


山鹿バスセンター
菊池温泉リエッセ。


山鹿バスセンター
温泉いいつつ、終点は産交ですし、遊蛇口経由ですし。


山鹿バスセンター
来民中町経由の桜町、番号がアルファベットになって、程なく系統廃止となりました。


山鹿バスセンター
中町、バイパス、日置、新道、植木温泉と5系統あった山鹿、
千田経由まで含めると、植木~山鹿の経路は6種類でしたが、今は3種類。


山鹿バスセンター
平日が緑で、土曜が青、この辺は運用がブレそうな。


山鹿バスセンター
日祝日はだいたい赤系統なのは、どこからのイメージなんでしょ、日の丸?


山鹿バスセンター
玉名とか、


山鹿バスセンター
南関とか、


山鹿バスセンター
鹿北に行くほう。


山鹿バスセンター
菊池と


山鹿バスセンター
大津、


山鹿バスセンター
三玉経由。


山鹿バスセンター
米野岳経由。


山鹿バスセンター
記録程度に。


山鹿バスセンター
大津方面への国鉄バス代替路線は、商工前→農高裏→農高前→商工裏
遊蛇口経由は録田住宅前を通って商工裏へ短絡
バイパス経由は水洗から商工前→農高裏→日置
ここがいちばん独自区間のややこしいところです。





同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
槻木
並建
野中町
保戸窪
吉祥寺入口
飽田支所
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 槻木 (2021-01-28 07:07)
 並建 (2020-12-13 07:07)
 野中町 (2020-12-12 07:07)
 保戸窪 (2020-12-11 07:07)
 吉祥寺入口 (2020-12-10 07:07)
 飽田支所 (2020-12-09 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。