地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年04月09日

椋呂路峠

椋呂路峠
曲がり角の向こう側からバスが出てくる好きな構図。


椋呂路峠
曲がり角の向こう側に去っていく様子も。


椋呂路峠
道幅は狭ければ狭いほど萌えるわけで、こういう道は「広くなってしまった」と表現しますが、
人類の叡智を結集して、快適な生活を希求しているわけです。


椋呂路峠
そして郊外のバス停は、だんだん必要性が朧になっていくような気が。


椋呂路峠
放置しておけばそのうち自然に還りそうな空気感も。


椋呂路峠
そのわりに本数があると思うんですよね。松浦と世知原の間に連携があるんでしょうね。


椋呂路峠
通学生の存在も大きいのかなと。


椋呂路峠
ここで降りてもどこにも行けませんよ、という表現。


椋呂路峠
こちらが行政の境目。バス停からはかなり離れています。


椋呂路峠
松浦と佐世保の境界となっております、現在は。





同じカテゴリー(西肥バス)の記事画像
黒川小学校前最終日
包石
牟田
黒川小学校前
大志々岐
星鹿
同じカテゴリー(西肥バス)の記事
 黒川小学校前最終日 (2022-01-20 07:07)
 包石 (2022-01-19 07:07)
 牟田 (2022-01-18 07:07)
 黒川小学校前 (2021-08-20 17:17)
 大志々岐 (2021-06-13 07:07)
 星鹿 (2021-06-09 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)西肥バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。