地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年11月03日

谷尾崎線戸坂経路変更

谷尾崎線戸坂経路変更
一昨日も昨日も尾崎を載せたので、ほかの尾崎はないかと未公開記事を検索したら、
出てきたのが戸坂バス停の経路変更でした、谷「尾崎」線です。
この路線の先にも尾崎バス停があるのですが、そちらは写真がありません。


谷尾崎線戸坂経路変更
熊本駅からほんの10分ほどで到達する、郊外感たっぷりの地形。


谷尾崎線戸坂経路変更
警備員さんの待機小屋は民家の敷地内にひっそりとこっそりと。


谷尾崎線戸坂経路変更
バスと普通車がすれちがえないこともない幅のところもありますが、
この辺住宅密集地で狭隘区間が長いんですよ。


谷尾崎線戸坂経路変更
戸坂町。


谷尾崎線戸坂経路変更
バス停は戸坂。


谷尾崎線戸坂経路変更
桜町と谷尾崎が結ばれています。


谷尾崎線戸坂経路変更
今年の4月に経路変更をし、狭いところを避けることに。


谷尾崎線戸坂経路変更
運転士さんと誘導員さんが無線で連絡をとり、
「対向車がいなくなりましたよ」という連絡を受けてから、バスは狭隘区間に進入します。


谷尾崎線戸坂経路変更
そしてバスがいる間、対向車の進行を止めておいて、


谷尾崎線戸坂経路変更
バスを先に行かせます。


谷尾崎線戸坂経路変更
まあ確かにこの手間を毎日かけるよりは、広い道を走らせたくなりますわな。


谷尾崎線戸坂経路変更
合流地点は新しい道ができようとしています。


谷尾崎線戸坂経路変更
バスで訪問してバスを撮ろうとすると手間が大きいので、
現地までは都市バスの戸坂入口や四方池を利用しました。


谷尾崎線戸坂経路変更
当時は桜の季節、いまはもう落葉ですよ、バスを追いかけつつ死ぬ日も遠くないです。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
日本合成前
川口農協前二丁
走潟農協前四丁平木
通詞島
城の浦
椎原診療所2018
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 日本合成前 (2021-11-22 07:07)
 川口農協前二丁 (2021-10-20 07:07)
 走潟農協前四丁平木 (2021-10-15 07:07)
 通詞島 (2021-10-05 07:07)
 城の浦 (2021-09-30 07:07)
 椎原診療所2018 (2021-09-26 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。