地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年12月30日

木津駅跡

木津駅跡
小浜鉄道、木津の浜駅跡、富津と上千々石の間。


木津駅跡
汽車が走った歴史。軽便鉄道とはいえ、会社設立から3年足らずで開通するもんなんですね。


木津駅跡
愛野と千々石のあいだのいちばん険しいところ、海沿いと言いつつけっこうな高台を。


木津駅跡
こんな幅で線路跡が道路として残ります。
鉄道が走っていたことよりも、県営バスが走っていたことのほうが驚き。


木津駅跡
バス停のところは少し広めですけど。


木津駅跡
バス停はいまだに県営バスのまま。


木津駅跡
乗合タクシーの時刻表。


木津駅跡
集落は海沿いで、もともと陸上移動がどれだけ行われていたのやら。




同じカテゴリー(長崎県営バス)の記事画像
下川頭(しもこうがしら)
三つ山口
西山木場
長崎商業商業入口
じゃがちゃん(千々石観光センター)
阿弥陀崎スイカミカン
同じカテゴリー(長崎県営バス)の記事
 下川頭(しもこうがしら) (2022-01-17 07:07)
 三つ山口 (2022-01-10 07:07)
 西山木場 (2022-01-09 07:07)
 長崎商業商業入口 (2021-12-30 10:41)
 じゃがちゃん(千々石観光センター) (2021-10-25 07:07)
 阿弥陀崎スイカミカン (2021-10-12 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。