地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2009年04月09日

甘木

甘木甘木
西鉄バスの元甘木バスセンター前は、甘観のバス停は「甘木中央」です。
甘観のターミナルは甘木鉄道の甘木駅なので、「甘鉄甘木」と表示されます。


甘木甘木
郊外から反対車線にやってきて甘鉄甘木に行くバスもあります。
こちらは西日本シティ銀行の先に停車します。
甘鉄のバスは、西鉄の代替路線なのですが、西鉄の甘木には停車せず一線を画しています。
その独立性には好感がもてるのですが、
乗継の利便性を考えると、同じバス停に停まった方が便利なんでしょうかね。
バスセンターに入りたいって希望したところで、西鉄が入れることはないでしょうが。


甘木甘木
西鉄のバスセンター跡は、「甘木」。プレハブが建っています。


甘木
LEDの杷木行「40」。


甘木
幕車の甘木止め「40」。


甘木
JR二日市行の「41」。けっこう頻繁にバスがやってきます。
「400」の博多駅直通バスもありますので、幹線の利便性はなかなかのものです。


甘木
浮羽から久留米方面と同じように、杷木から朝倉街道までも日田バスが走っています。
1台運用の2往復で、1往復は高塚まで走るのは同じです。



同じカテゴリー(二日市)の記事画像
原5138チョロQ
バスセンター(春日)
杷木とインターチェンジ
甘(バスセンター)木
朝倉光陽高校前
本導寺最終
同じカテゴリー(二日市)の記事
 原5138チョロQ (2020-07-03 07:07)
 バスセンター(春日) (2019-08-26 17:17)
 杷木とインターチェンジ (2019-07-23 07:07)
 甘(バスセンター)木 (2019-06-15 20:28)
 朝倉光陽高校前 (2019-05-17 07:07)
 本導寺最終 (2019-05-06 07:08)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(0)二日市
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。