地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2009年04月29日

明豊(横島)

明豊(横島)
玉名駅前から、まずは明豊に向かいます。旧横島町の各集落を通る路線です。
外平経由と大間経由の2系統があり、行きは外平経由ですが、
折り返しは同じバスが大間経由で玉名に向かいます。

途中の横島小学校前で、中学生くらいの女の子二人組が、
玉名方面行のバス停でバスを待っていました。きっと時刻表を見間違えたのだと思います。
外平経由の玉名行がやってくるのは、2時間以上後ですから。


明豊(横島)
と、明豊に到着してみると、


明豊(横島)明豊(横島)
左が乗ってきたバスなのですが、もう1台バスがいます???


明豊(横島)明豊(横島)明豊(横島)明豊(横島)
しかも外平経由の玉名駅前行と方向幕が表示されています。
こんなローカル路線ですが、同じような時刻に両系統の玉名行きが設定されているんだ、
と感心して時刻表を見てみましたが、次の外平経由は、やはり2時間後です。
乗ってきたバスの運転手さんに尋ねてみたところ、休日運用のない休車のバスが、
まる2日この転回場の空き地に放置されているのだそうです。長閑ですね。

運転手さんも横島小学校で待っていた女の子が気になったそうで、
営業所に携帯で連絡をとっていました。自己保身の意味もあると思います。
バス会社側に落ち度はないですが、どこでクレーム受けるかわかりませんし。


明豊(横島)
折り返しの待機時間は20分ほど。付近散策にはちょうどいい時間です。
南側、この道の向こうには有明海があります。


明豊(横島)明豊(横島)
北側、玉名方面。
途中の大浜や外平などは周辺人口も多かったですが、ここは集落の端の雰囲気です。
明豊は最終目的地というよりは、便宜上の終点といった感じでしょうか


明豊(横島)明豊(横島)
朝なので、東向きは逆光です。脇に立派な神社があります。
田舎の自社仏閣には、立派な樹木が残ってますね。
明治4年創建という碑が建っていましたが、樹齢150年くらいだということでしょうか。


明豊(横島)明豊(横島)
ということで、乗ってきたバスが違うところを通ってくれるので、
玉名までまた新しい路線が楽しめます。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
三角産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
人吉IC乗降口2018
上田代(相良)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 三角産交2018 (2019-10-09 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 人吉IC乗降口2018 (2019-09-29 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。