地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2009年06月30日

小ネタ2

小ネタ2
たったこれだけのことなのに、なぜ間違う?という話。行先が裏表。


小ネタ2
直方始発の博多駅行きJRバス幕車は、これでもかと経由地を表示。
「鞍手高校 宮田 福丸 脇田温泉 久山 多々良 JR箱崎駅 九大病院 博多駅」
でも撮影したのは九大病院から千代町に向かう大学通りなので、
博多駅以外は全て通過しており、
今からこのバスに乗っても宮田や久山に行けるわけではありません。


小ネタ2小ネタ2
妙に多い系統。ちなみに写真の表記は、右から

・「45」須玖 福岡女学院
・「45」福岡女学院 昇町 JR南福岡駅 雑餉隈(営)
・「45」昇町 JR南福岡駅 雑餉隈(営)
・「42」福岡女学院 昇町 JR博多南駅
・「42」昇町 JR博多南駅
・「42」大土居 惣利南口
・「42」福岡女学院 松ヶ丘団地 惣利南口
・「42」松ヶ丘団地 惣利南口
・「42」福岡女学院 大土居 惣利南口
・「42」福岡女学院 松ヶ丘団地 平野ハイツ
・「42」松ヶ丘団地 平野ハイツ
・「42」大土居 平野ハイツ
・「42」福岡女学院 松ヶ丘団地 月の浦(営)
・「42」松ヶ丘団地 月の浦(営)

まとめると以下
・「45」は「福岡女学院止め」と「雑餉隈(営)行」で
雑餉隈行きには福岡女学院に寄るものと寄らないものがある。

・「42」は月の浦、平野ハイツ、惣利南口に行くものの中に、
大土居から広い道を直進するものと、松ヶ丘団地回りがあり、
その両方に、福岡女学院に寄るものと寄らないものがある。
また、博多南駅行きも、福岡女学院に寄るものと寄らないものがある。

乗る人それぞれに目的地はひとつなので、
たとえば惣利南口に行きたい人ならば、「42」のうち博多南駅以外どれでも乗れるわけで、
そこまで分岐しているわけではないのですが、系統としては多岐にわたります。

小ネタ集になるはずが、
御陵のバス停だけで1記事分の分量になってしまいました。


同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
佐賀駅バスセンターを挟む2019
多少の葛藤とともに
どんたく号
LED行先表示を眺めて
大坪の文脈
謎のまま180613
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 佐賀駅バスセンターを挟む2019 (2020-05-11 17:17)
 多少の葛藤とともに (2020-04-19 20:45)
 2020年3月21日ダイヤ改正バス停改称 (2020-03-11 17:17)
 どんたく号 (2019-09-21 07:07)
 LED行先表示を眺めて (2019-05-02 07:07)
 空ちょん西鉄バス福岡鬼ごっこ (2018-12-09 23:58)

この記事へのコメント
こんにちは。

御陵バス停、行先枠の左右の空間や一文字の大きさががきれいに揃っているところから、丁寧に下書きしたんだろうなあと余計なことを思ってしまいました。
ただ、行先別に並べていますが、経由地別の方が分かりやすかったかもしれませんね。

kassyの領域に、ちょんびんさんがとうとう侵入してきましたね。けっこうニアミスしているかもしれません(-゜3゚)ノ
Posted by kassy at 2009年06月30日 23:26
>経由地別

たぶんその方がわかりやすいと思います。
でも、こうやって羅列することで、「いろんな系統があるんだなぁ」と
感慨に浸ることは可能です。デザインもいれいに揃ってますし、
バス停を設置した人の思いはどうだったんでしょうね。


>kassyの領域に、ちょんびんさんがとうとう侵入してきましたね。
けっこうニアミスしているかもしれません(-゜3゚)ノ

そうですね。一昨日は朝倉街道でTGWさんにお会いしましたし、
そのあと平田とか小水城とか行ってますからね。
見た目ほど怖くないので、見かけたら声をおかけくださいませ。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2009年07月01日 00:11
まぁ、近くを通ってるのですね‥。いつかお会いできるといいですね。
Posted by ねぇね♪ at 2009年07月01日 08:01
ねぇねさんも近くなんですね。
お会いしてがっかりされないよう、自分を磨いておきますw
Posted by ちょんびんちょんびん at 2009年07月02日 12:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。