地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年08月22日

自由ヶ丘南一丁目

自由ヶ丘南一丁目自由ヶ丘南一丁目
宗像市の自由ヶ丘南です。
一丁目、二丁目、三丁目、四丁目、公園前、西通り、一丁目と循環路線があります。
1~4がきっちり並んでいて、しかもそれぞれに個性がありますので、
ひとつずつ採りあげたいと思います。


自由ヶ丘南一丁目
こちらが赤間駅南口方面です。
自由ヶ丘南一丁目バス停は、循環線の結節点にあり、
循環線以外に、青葉台からのバスも停車します。


自由ヶ丘南一丁目
赤間駅から来た循環線と急行バスは、左折してこちらの坂をすこし進み、
すぐに右折して南二丁目に向かいます。

この道は赤間宿の構口から続く県道なので、
赤間営業所からの朝の回送バスが走り、自由ヶ丘南二丁目始発のバスもあります。

循環バスは右回りしかありませんが、急行バスは自由ヶ丘南三丁目発着なので、
この写真のように曲がって森林都市から天神に向かいます。


自由ヶ丘南一丁目
循環線と青葉台始発は、こちら側から南一丁目に戻ってきます。


自由ヶ丘南一丁目自由ヶ丘南一丁目
その三叉路の突き当たり部分に、興味深い住宅図が2枚並んでいます。
ほぼ同じエリアを表示しているのですが、
なぜか前のものが撤去されずに並べられているため、
このあたりの住宅開発の段階が見えて面白いです。

左側の古いほうは、まだ南三丁目のすぐ北側に急行バスの転回場があります。
新しいほうを見ると、その部分も開発されて住宅地になっているので、
後から開発された部分は番地が連続していません。
現地に行ってみると、なるほど住宅の建てられた年代が明確に違って、
通りの両側でその時代の流行家屋ってのを感じることができます。
これは南三丁目のところで写真を載せて別記事にしたいと思います。


同じカテゴリー(宗像)の記事画像
津屋崎浜
神湊波止場2018
舞の里五丁目南北
城山峠
赤鳥居
海老津台入口
同じカテゴリー(宗像)の記事
 津屋崎浜 (2019-12-13 17:17)
 神湊波止場2018 (2019-09-09 07:07)
 舞の里五丁目南北 (2019-07-30 07:07)
 城山峠 (2018-10-09 17:17)
 赤鳥居 (2018-10-08 17:17)
 海老津台入口 (2018-10-07 17:17)

Posted by ちょんびん at 08:23│Comments(0)宗像
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。