地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2009年10月15日

上三緒団地

上三緒団地上三緒団地
平日5往復、土曜4往復、日祝3往復の「23」上三緒団地。
まだ新幕のフォントに眼が慣れません。なんか縦長に違和感。


上三緒団地上三緒団地上三緒団地
上三緒団地は、団地、です。その特徴は他との比較で相対的に感じられるものですので、
ほかのところも紹介した上で、まとめてコメントしてみたいと思いますが、いつになりますやら。

飯塚からの路線は、愛宕、吉北、東ヶ丘、明星寺、県住花瀬と団地行きが多いです。
あと赤池工業団地・飯塚工業団地も。西相田も相田団地が主目的地のようなもんですし。

まあそれを言い出せば、私の地元も四箇田、室住、室見、生松台、藤ヶ丘、野方台、宮の前、拾六町と、
団地終着は過去も現在も多いです。野方も壱岐団地の中心ですし。
人が集まり、またバス利用者が多いのが団地だという側面もありそうです。


上三緒団地上三緒団地上三緒団地
上三緒団地の折返場では、すでに4人の乗客が待っていました。
わずか3往復のバスですが、そのダイヤに合わせて生活している人がちゃんと居ます。


上三緒団地上三緒団地
バス通りをほんの少し戻ると、国道201バイパスの切り通しに橋が架かっています。
バスはわずか4分で折り返しますので、橋の上で見送ります。


上三緒団地上三緒団地
橋を渡ったところは、下三緒団地口。


上三緒団地
バスが去った後の転回場は、ひっそりとしています。
道路幅の都合かバス路線は繋がっていませんが、
「2」東ヶ丘団地線の「山内(さんない)」までは、坂を下って徒歩5分ほどの距離なので、
折返し便には乗らずにそちらへ歩きます。


同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
西牛隈減少
飯塚工業団地
熊ヶ畑で締め
デイリーヤマザキ田川添田店2
彦山駅と日田彦山線代行バス
小石原
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 西牛隈減少 (2019-07-20 17:17)
 飯塚工業団地 (2019-07-19 20:20)
 熊ヶ畑で締め (2019-04-21 19:19)
 デイリーヤマザキ田川添田店2 (2019-04-20 19:19)
 彦山駅と日田彦山線代行バス (2019-04-19 19:19)
 小石原 (2019-04-18 19:19)

Posted by ちょんびん at 00:08│Comments(2)筑豊
この記事へのコメント
初めまして。足跡からきました。楽しい文ですね(*^_^*)団地が終点、なるほど。
Posted by おちゃ at 2009年10月15日 07:23
いらっしゃいませ。
わたしは、ランキングから寄せていただきました。

あまり万人に興味を持っていただける内容ではないですが、
面白い部分がありましたら、どうぞよろしくお願いします。
Posted by ちょんびん at 2009年10月16日 12:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。